ADHDってどういう病気?

目次

    ADHDの症状とは

    ADHDとは

    ADHDは注意欠陥・多動性障害と呼ばれる発達障害のうちの一つです。病気ではありません。

    その名の通り、集中力に欠ける不注意やじっとしていることが難しい多動性、思いのままに行動を起こしてしまうという衝撃性の症状がメインとなる障害です。

    これらは症状の現れ方がさまざまであり、不注意が優勢となったり、多動や衝動性が優勢となったりするパターンなど人によって症状の表出が異なります。

    子どもの頃から発覚するケースが多いですが、大人になってから発覚するケースも少なくありません。

    ADHDの症状とは

    不注意が優勢となるタイプの方は、普段から忘れ物が多かったり、失くしものをよくしてしまったり、物事に集中することが難しいといった症状が目立ちます。

    またちょっとしたミスを多発してしまうというのも、不注意優勢の方によく見られます。

    そのため、学業や仕事においてミスを連発してしまうので、第三者から見て努力していないと捉えられるなど、勘違いされてしまうこともしばしばです。

    また、多動・衝動が優勢となるタイプの方は、とにかく落ち着きがないのが特徴です。

    特に幼少期など子どもの頃に多動はよく見られ、授業中に離席してすぐ立ち歩き、順番を待つことが難しいなどと言ったことで周囲に迷惑をかけることが多くなります。

    また、感情や欲求に対するコントロールが非常に苦手とするケースが多いです。

    また、不注意も多動・衝動性も同時に持ち合わせているADHDの方もいらっしゃいます。

    これらの症状すべてによって、周りとのトラブルが生じやすくなるため、ADHDの方は自尊心が低くなる傾向にあるのです。

    この自尊心の低下などによって鬱や不安障害などのような二次障害を引き起こす可能性もあるといわれています。

     

    ADHDの子どもは睡眠障害も生じやすい

    またこの他に、ADHDの子どもは睡眠障害を合併する可能性が高いことが分かっています。

    寝つきが悪く、夜間に何度も目を覚ましてしまう、といった症状がよく見られます。

    たとえば多動性の強い子どもであれば、夜間もいつまでも落ち着くことができないため、寝つきも悪くなってしまい、興奮してしまうのです。

    また、衝動性の強い子どもはゲームやスマホなどに集中しすぎて寝付けなくなるケースも多いようです。

    不注意の強い子どもは、宿題や勉強などがいつまでも終えられず時間がかかり、親にそれを注意されることで寝つきが悪くなってしまうといったケースもあります。

    ADHDの子どもの睡眠障害は、日常の生活リズムを整えてあげることによって少しでも改善可能です。

    ADHDの治療法について理解しましょう。

    ADHDの基本治療

    ADHDの治療は大きく2つに分けられます。

    心理社会的治療を中心に行い、必要に応じて薬物治療をプラスするのが基本的な治療法です。

     

    ADHDの心理社会的治療とは

    心理社会的治療にはさまざまな方法がありますが、ADHDにおいて主に行われる方法は以下の通りです。

     

    環境調整について 

    本人の症状をきめ細かに分析し、生活しやすいように周囲の環境の工夫を図る方法です。

    たとえば忘れ物が多いお子さんなら、学校に持っていく物のリストを作って毎晩明日の準備を親子で一緒に確認し、授業中に歩き回ってしまうお子さんなら刺激を受けにくい席に移動させるなど、お子さんが生活に適応しやすい環境を整えます。

     

    行動療法について

    ADHDにおける行動療法は、望ましい行動ができたら褒めてまたできるようにする、逆に望ましくない行動をとったときには、その行動をさらに誘発させるような評価をしないという方法です。

    その行動につながる前後の状況などを丁寧に分析し、フィードバックに活かしていくことが必要となります。

     

    ソーシャルスキル・トレーニング(SST)について

    社会や周囲の人とスムーズにかかわっていくために必要なスキルを身につけるためのトレーニングプログラムです。

    医療機関や教育機関などで専門的なトレーナーを通じて実施され、人とのやり取りや感情のコントロールの仕方、学校生活や社会生活の送り方などを、トレーナーと一対一か少人数のグループで学んでいきます。

     

    ペアレントトレーニングについて

    お子さん本人ではなく同じ悩みを抱える保護者が集まって、行動療法に基づいて子どもの行動を理解したり、どのようにかかわったり対応していけばいいかを学ぶトレーニングプログラムです。

    お子さんの適切な行動を増やす一方で、適切ではない行動を減らしていくための対処法を学んでいきます。

    行動療法の対応の仕方を保護者が習得することで、親子のやり取りがスムーズになり、保護者と本人のストレスが軽減され、家族生活も円満になることが目指せます。

     

    ADHDの薬物治療について

    環境調整などの心理社会的治療だけでは改善が難しい場合に、心理社会的治療と並行して実施される治療法です。

    ADHDの薬は6歳から処方できるのが基本であり、脳機能の働きを助け、お子さんの特性によって現れる症状を緩和することを目的とします。

    症状が緩和されることで、社会的なスキルや望ましい行動などを習得しやすくなります。

    そのため、薬物治療と心理社会的治療を併用することが、ADHD改善に役立つのです。

     

    ADHDにかかる治療費

    最近注目され始めたADHD

     

    ADHDと言えば「じっとしていられない、人の話に集中できない」など子どもの問題として扱われてきましたが、大人になれば治るというものではありません。

    さらに、注意力散漫などの理由で大人になってからADHDが発覚するといったケースも増えてきました。

    自然に治るものではありませんが、医療機関による適切な投薬やカウンセリング、就労支援などを受けることにより改善できます。

    そこで、ADHDの治療にはどれくらいの費用がかかるのかまとめました。

     

    投薬やカウンセリングなどの治療にかかる料金

    まず、メンタルクリニックや精神科・心療内科など、どの病院でも初診料・再診料がかかります。

    ・初診・・・約2,800円~3,500+採血(必要な場合)+薬代

    ・再診・・・約1,400円~2,000+採血(必要な場合)+薬代

     

    採血は必要な場合のみ行われますが、2,000円ほどで受けることが可能です。

    次に投薬ですが、ADHD患者には主に3種類の薬が処方されます。

    1錠の料金は以下のようになります。

     

    ・コンサータ・・・18mg344円、27mg381円、36mg410

    ・ストラテラ・・・10mg112円、40mg159

    ・インチュニブ・・・1mg411円、3mg543

     

    ADHDの治療薬は高価なため、服薬する量が増えると1日あたりの薬代が1,000円を超えてしまいます。

    自立支援医療などを活用することによってその負担を抑えられるので、積極的に公的制度を利用しましょう。

    また、大人のADHD患者向けに医療型就労支援が用意されている病院もあり、1回につき約1,100円~2,100円(自立支援医療制度適応後は400円~700円)ほどです。

    ADHDが見受けられる場合、心理士によるカウンセリングや知能検査が行われることがあります。

     

    ・カウンセリング・・・約3,000円(予約料3,000円~かかる場合あり)

    ・知能検査・・・約10,000

     

    これらは自由診療となるため病院によって金額が異なり、保険適応外なのですべて実費での負担となります。

    公的制度を受けるために必要な書類

    自立支援医療などの公的な制度を利用する場合、提出するための書類を医師に用意してもらう必要があります。

    ADHDに関わる書類の金額を以下にまとめました。

     

    ・診断書 2,000円~3,500

    ・診断情報提供書 750円(保険適応で3割負担)

    ・自立支援医療診断書 3,200円~5,500円(更新時0円の場合あり)

    ・精神保健福祉手帳診断書 5,400

    ・障害年金申請用診断書 7,500

    ・生命保険用診断書 3,200円~5,500

    これらは医療機関により金額が異なります。

    また、治療行為ではないため自立支援制度などの対象にはならず、診断書の発行料金は保険適応外なので自費扱いとなります。

    以上、ADHDにかかる基本的な治療や投薬にかかる料金の目安をまとめたものになります。

    ADHDの治療に必要な保障額はどのくらい?

    基本は通院治療

    ADHDは小児を主にしますが、近年は大人のADHDも顕在化しています。

    治療方法は基本的には外来通院と薬物療法などです。

    この点、医療保険や生命保険に付保できる医療特約においては入院や手術をしたケース、および退院後の通院は保障の対象となりますが、単なる通院治療は保障の対象となりませんので注意が必要です。

    なお精神科への通院の場合、大人であれば自立支援制度の対象として、本来3割負担のところが、自己負担額が1割負担に軽減されるなど経済的なサポート制度があります。

    また、小児の場合は自治体において子どもの医療費助成制度が設けられています。

    自治体によって内容は異なりますが、未就学児をはじめ、小学生や中学生に至るまで無料で医療を受けられるなどのサポートが受けられる場合もあるので、比較的負担は軽く済みますので安心です。

     

    入院して治療を受ける場合

    入院をして生活環境を整えることが必要なケースや、なかなか状況が改善せず、じっくりと観察が必要などの事情で入院が必要になった場合には、医療保険や医療特約から入院保障が得られると安心です。

    この点、精神科病棟に入院する場合、安全管理や金銭管理などの問題から、入院費用とは別に保障金や預かり金として1015万円ほどの一時金の支払いを求めらえることがあります。

    入院費用については基本的には健康保険の適用が行われ、自己負担額が抑えられるほか、高度療養費制度を申請することで、1ヶ月あたり、最大でも18万円ほどに押さえることが可能です。

    ただし精神科病棟での入院は個室対応も多く、差額ベッド代がかかるケースが少なくありません。

    差額ベッド代は病院や部屋のグレードによって異なり、5000円から10万円もする部屋もありますが、平均的な費用は11万円ほどです。

    差額ベッド代は高額療養費制度の対象にもならず、全額が自己負担となります。

    そのため、差額ベッド代を基準にして保障を用意しておくと安心です。

    日額1万円の入院保障を用意しておけば、ADHDでいざ入院治療が必要になった際も経済的には安心できます。

     

    大人の場合は生活費なども踏まえて

    会社員や公務員の場合、休職中でも社会保険から傷病手当金の支給が受けられます。

    これに対して、国民健康保険加入者の自営業者やアルバイトの場合は、傷病手当金はありません。

    入院中に収入が途絶えてしまう入院費だけでなく、生活資金を備えておくとより安心です。

    医療保険のほか、家賃や家族の生活費など必要な生活資金を収入保障保険などで備えておくといいでしょう。

     

    ADHDと診断されても生命保険に入ることはできる?

    ADHDと診断されたら生命保険はどうなる?

    ADHDは発達障害の一つですが、ADHDの方は生命保険に加入できないと耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

    生命保険は赤ちゃんの頃から加入していた、なんて方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、新しく加入したいという場合や違う会社の生命保険に変更したいという方も多いでしょう。

    生命保険は、基本的に加入に際してさまざまな基準が定められています。

    特に生命保険は加入希望者の通院歴や病歴、服薬などといった健康状態について細かく告知しなければなりません。

    健康状態が芳しくない方は健康な方と比べて、保険金の払い出しの可能性が高くなります。

    そのため保険会社にとって経営にリスクが生じるため、保険料が高くなったり加入を制限されたりしてしまうのです。

    ただ、ADHDはあくまで障害であり、病気ではないと言えばその通りです。

    しかし、ADHDの特性が強く出て、思わぬ事故を起こしてしまったり、病気などの二次障害が出る可能性もあるために保障されにくいとされています。

    一般的な生命保険はやはり条件が厳しいために、たとえば服薬や通院歴があるという点で加入できないというケースも非常に多く、一度各保険会社もしくは保険代理店に確かめてみると良いでしょう。

    ちなみに、すでに診断前に生命保険に加入している場合は、ADHDと診断されても特に影響を受けることはありません。

     

    ADHDの診断を受けたら新たに生命保険に加入できないのか

    それではADHDの方が生命保険に加入できないのかというと、そうではありません。

    発達障害を持っている方も加入できる保険が用意されています。

    また、ADHDなどを含む発達障害の方には、加入するための健康状態の基準が緩くなる引受基準緩和型の生命保険が用意されています。

    ただし、加入基準が緩くなる分だけ保険料は割高になり、保険会社から保障される保険金が一般のものよりも少なくなるといったデメリットがあります。

    ただし、なかなか一般の生命保険に加入できないという方にとっては安心を手にできる保険です。

     

    ADHDと診断されたら生命保険に加入できる?

    ADHDのような発達障害と診断された方は、基本的に生命保険に加入するのは難しくなります。

    保険に加入するにはどの保険会社でも審査があります。

    これは、将来的に病にかかりやすく、保険金を受け取るリスクが高くなる人は保険会社にとってわずかであっても損失にもつながりやすいために、加入を断られる可能性が高くになるのです。

    ADHDの方は発達障害ではありますが、うつ病やパニック障害などの二次障害を抱えやすい傾向にもあるので病気につながりやすいと考えられ、加入が難しくなります。

    一方で、保険会社に申告する必要があるのは診断ベースになります。医師からの診断を受ける前に保険加入し場合には、保険加入後にADHDと診断されてもあらゆる病気は保障対象になるのでご安心ください。

     

    ADHDと診断された方が生命保険を選ぶ手順

    ADHDは病気ではないけれど

    ADHDは病気ではなく、学習障害や注意欠陥多動性などが現れる、その方の特性の一つです。

    生命保険は死亡リスクの高い方は入れないのが原則で、病気の方や一定期間内に入院や手術などの病歴や病気との診断がなされた方は加入ができません。

    ADHDは病気ではなく、死亡リスクが高い症状ではなく、あくまでも性格的なものなので、問題なく生命保険に入れるように思われがちです。

    しかし実際には、一定の理由に基づく基準を設け、加入が認められない生命保険会社もあります。

    そのためADHDと診断された方が生命保険を選ぶにはいきなり申し込むのではなく、保険会社のカスタマーセンターやコールセンター、信頼できる営業職員などを通じて事前の問い合わせをすることが大切です。

     

    保険会社が断るケース

    すべての保険会社が引き受けを拒否しているわけではありません。

    よくある引き受けできない理由は、他の精神病を併発しやすい、落ち着きがなく衝動的な行動をとる方が多く、転落や衝突などの事故のリスクが高い、病気になっても病院に行かず、悪化しやすいといった点が挙げられます。

    これらは必ずしも医学的に解明された理由ではなく、ADHDの症状は人によってさまざまなため、衝動的な行動や病院に行かない状態がすべての人に当てはまるわけではありません。

    ADHDであっても、通常の方と同じように生命保険に加入が認められるケースや、一定の条件を付したうえで加入が認められるケースがあります。

     

    事前問い合わせがポイント

    入れるかどうか保険会社によって基準が違って分からないからと、手当たり次第に申し込みをするのはよくありません。

    短期間のうちに申し込みを繰り返していると、保険金詐欺などの犯罪を疑われて、ADHDとは違う事情で引き受けを拒否されるリスクがあるためです。

    申し込みをする前に過去にADHDの方の生命保険加入を認めているかなどを確認し、加入できそうといった回答を得たら、申し込むようにしましょう。

     

    告知義務違反に気を付けて 

    ADHDの方やその保護者などは、ADHDは病気ではないと認識している方が少なくありません。

    そのため、生命保険加入時に求められる告知義務の項目の一つである「過去5年以内に病気やケガで7日以上にわたり、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか」という質問に対して、「いいえ」と回答してしまうケースがあります。

    過去に告知義務違反を巡って、医療保険の給付金の支払いでトラブルになった事例があるので注意しましょう。

     

    いずれにしても、ADHDと診断された後に、生命保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

    これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

    保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

    アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

    ADHDになっても医療保険に加入はできるのか 

    ADHDでも加入できる医療保険はある!

    しかし、近年はADHDを含め発達障害を抱える方が世界的にも急増中です。

    もちろん日本も例外ではなく、このような場合でも加入できる保険が日本の保険会社では用意されています。

    引受基準緩和型保険というものもあり、これは通常の保険に比べて告知しなければならない項目が少ないため、持病をお持ちの方も比較的入りやすい保険となっています。

    保険料が通常の保険よりも高くなり、保険会社によっては一定期間保険金が半額になってしまう可能性もあるのがデメリットです。

    ADHDになってから医療保険を選ぶ手順

    ADHDと診断された場合の保険について

    ADHD(注意欠陥多動性障害)になってしまった場合、保険に入れるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。今までは、ADHDが話題になることは少なかったのですが、近年になって、ADHDと診断される人が多くなっています。これは、ADHDを診断する技術が高まったこともあるでしょう。

    ADHDは保険に入れる

    ADHDとは、Attention-Deficit Hyperactivity Disorderの略称で、発達障害の一種になります。

    ADHDになると保険に入れるかという点ですが、保険に入ることはできます。

    ADHDというのは発達障害の一種なのですが、発達障害があっても保険に入ることは認められているのです。

    そのためADHDになったから保険に入れない、ということありません。

    ただし注意が必要な点として、すべての保険に入れるわけではないということです。

    ADHDと診断されることによって、診査が厳しくなる保険もあります。

    ADHDや知的障害の人たちでも入れるような、保険を厳選する必要があると考えておいた方がよいでしょう。

    また保険によってはADHDと診断されてしまうと、毎月の料金が高くなってしまう場合があります。

    しかし保険商品の中には、ADHDと診断されてもリーズナブルな料金の保険もありますので、納得のできるものに出会うまで根気強く探してみてください。

    加入の際にはしっかりと説明する

    保険を選べばADHDであっても加入できますが、重要になってくるのは、入る際にしっかりと告知をするということです。

    ADHDだったことを隠して加入することによって、あとあとになって取り返しのつかないトラブルになることもありますので、素直に正直に告知するようにしましょう。

    トラブルを招くようなことは、しないようにすることです。

    ADHDの保険加入で重要なのは比較

    ADHDになってから保険に加入する場合に、重要になってくるのは各社商品の比較です。

    通常の人が保険に入る場合も同様のことがいえますが、ADHDになった場合は、特に比較が重要になってくるといえるでしょう。

    ADHDになることによって、保険料金が高くなってしまう商品もありますので、そういった商品を避けて加入する必要があります。

    そのため、基本的には一般的な保険加入の手順と一緒で問題ありませんが、事前の比較を普通よりも入念に行ってみてください。

    ADHDを患っていても、保険に加入している人はたくさんいらっしゃいます。

     

    まとめ

    いずれにしても、ADHDと診断された後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

    これは、同じ保険会社に比較できる医療保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

    保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

    アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。