妊娠しても入れる保険が増えている

妊娠すると保険に入れない?

妊娠や出産は病気ではありません。
そのため、出産のために入院しても、通常の自然分娩である限り、入院給付金の給付はありません。
一方、帝王切開をする場合は、手術として手術給付金が支給されます。
もっとも、妊娠がわかってから保険に入ろうとしても、加入を断られるか、妊娠に伴う入院や手術などは保障対象外とされてしまいます。
病気ではないといっても、支払リスクが高いからです。

妊婦さんをサポートする保険の登場

妊娠すると自分の体と向き合うようになることや体調が不安定になって医療の保障などが気になってきます。
ですが、それまでは若くて元気だからと保険に入っていなかった方も少なくありません。
妊娠をきっかけに医療保険に入ろうと思ったら断られた、一番気になる妊娠、出産関連の保障が得られないと言われて、ショックを受けた方も多いはずです。
ですが、こうした不安やニーズに応えるための妊婦さん向けの保険が続々と登場しています。

妊娠から出産後まで

妊婦さんでも入れる保険ができたのは助かりますが、各保険会社により保障内容がさまざまなので、いつ何をどう保障してくれるのか確認し、よく比較したうえで、ニーズを満たす妊婦さん向けの保険を選ぶことが大切です。
切迫早産や帝王切開、重症型妊娠高血圧症候群や出産に伴う輸血など、妊娠、出産関連の入院や手術、治療費をカバーしてくれる点は共通項が多いです。
妊娠前に加入し、契約後に妊娠した場合には、自然分娩に伴う入院でも、入院給付金が払われる保険もあります。
一方、出産後もママの医療保険として続くタイプのほか、出産後は赤ちゃん保険、こども保険として機能するものもあります。
カバーされる内容が保険によって違い、いざという時の支払条件にも差があるので気を付けましょう。

産後鬱までフォロー

妊婦さん向けの保険の中には、産後鬱など産後や育児期の精神疾患に伴う、通院や入院などを保障してくれるものもあります。

女性特有の病気をサポート

癌をはじめ、子宮・卵巣の全摘出、乳房の切除・再建などの保障が備わっているものもあります。
妊娠、出産関連以外の保障も必要かどうかも比較検討しましょう。

赤ちゃん向けの保障

妊婦さん向けの保険の中には、出産後は赤ちゃんの保障に移行する場合や妊婦さんの保険に赤ちゃんの医療特約を追加できるタイプもあります。
早産で生まれた場合や心臓・横隔膜ヘルニアなど緊急手術が必要な状態で生まれた場合の入院や手術などを保障するものです。