妊娠検査薬の目的や使い方とは?

なぜ妊娠検査薬を使う?

もしかしたら妊娠しているかもしれないと思った時に妊娠検査薬を使いますが、実は本来の目的とは異なります。
確かに、妊娠しているかどうかを調べられますが、早い段階で結果を知ってすぐに産婦人科の病院に行けるようにというのが妊娠検査薬の目的です。
なんとなく妊娠しているかもくらいの気持ちでは、産婦人科への受診が遅れてしまうかもしれません。
お腹にいる赤ちゃんを守ってあげるためにも、まずはいることを確認するのは重要です。
もし気が付いていないと、お酒やタバコ、ビタミンAのサプリメントなど知らないで飲み続けてしまうかもしれません。
知らない間に、お腹の赤ちゃんに良くないものを摂取して器官形成に影響を与えてしまう可能性があります。
早めに妊娠しているとわかれば、今後の生活にも気を付けられます。

ドラッグストアで購入できる

病院に行って妊娠検査薬を購入できますが、手軽に買いたい時はドラッグストアを利用しましょう。
妊娠検査薬がいくつか並んでいてどれを購入するのか悩んでしまうかもしれませんが、メーカーごとに大きく性能が変わるわけではありません。
ちなみに、ドラッグストアも病院でも、妊娠検査薬の性能はほとんど一緒です。
値段が多少変わるかもしれませんが、病院のほうが正確でドラッグストアの商品は曖昧なわけではありません。
おかしいと思ったらドラッグストアは気軽に寄れるため便利です。

妊娠検査薬の使い方

キットを箱から出して、指定されている部分に尿をかけます。
賭け方は商品によって異なるため、説明書を見ながら指定された秒数尿をかけましょう。
判定までは水平にしておき、結果を待ちます。
水平にしないと正しい結果ではなくなってしまう可能性が大きいので、必ず水平にしましょう。
判定終了のサインが出たら、陽性か陰性の確認をします。
判定窓に線が出たら陽性の可能性が高く、妊娠している可能性があります。

チェックする時のコツ

妊娠しているかもしれないと思ったら、早くどっちか結果を知りたいと思ってしまうものです。
しかし、あまりにも検査が早いと、本当はお腹の中に赤ちゃんがいても結果として出てこない場合があります。
特に本来くる生理がなく急いで調べてしまうと、判定が出なくなります。
生理が始まるであろう日から最低でも1週間は空けて、妊娠検査薬を使いましょう。
できれば10日程度空いたほうが、妊娠検査薬の反応が正確に近づきます。
検査をする時の時間帯ですが、朝起きてすぐがおすすめです。
ほかの時間帯でも問題ありませんが、一番尿の濃度が濃いため結果が出やすいと言われています。