妊娠中でも加入できる保険のご検討を!

妊娠中でも切迫流産や切迫早産に対応した医療保険がある!

そのような中でも、妊娠中でも切迫流産や帝王切開などの子宮や卵巣、卵管などの部位も対象となる医療保険も存在します。それがエクセルエイド少額短期保険の「普通保険」。

切迫流産などの妊娠の異常や帝王切開による分娩であっても手術給付金や入院給付金もきちんと給付される、安心して出産へと臨める手厚い保障内容です。

妊娠の異常や帝王切開の分娩などといった妊娠・出産のリスクに備えて加入したいと考えているのであれば、妊娠異常に関して保障対象となる医療保険を選択するのがベストだと言えるでしょう。

ただし、加入時点で医師から異常妊娠、出産の可能性を指摘されていない場合に限られることや、ケガを除き、加入してから60日間の免責期間(保障対象外の期間)があることに注意しましょう。

 

妊娠前の加入なら正常分娩も保障対象になる医療保険がある!

やはりベストなのは妊娠前に医療保険に加入することです。とはいっても妊娠・出産のリスクに備えて医療保険に加入したのに、結果的に正常分娩で終わった。それはそれでいいことですが、せっかくそのために医療保険にはいったのに、という少しもったいなかったような気分にもなりかねません。

そこでなんと正常分娩も保障対象になる医療保険も存在します。それがあんしん少額短期保険の「医療保障付定期保険」。妊娠が判明してしまったら加入できないことと、契約日より9ヶ月未満での正常分娩は入院給付の対象とならないことの注意が必要ですが、結婚したら、この保険に加入しておけばいつ妊娠が判明しても安心になります。

妊娠糖尿病でも加入できる保険がある!

なかには妊娠糖尿病もしくは妊娠中に明らかな「糖尿病」と診断される場合があります。

その場合は出産後も糖尿病と同じ扱いとなり、医療保険の加入が難しくなります。

糖尿病については、糖尿病に特化した保険があります。それがエクセルエイド少額短期保険の「糖尿病保険」です。糖尿病保険は妊娠中でも加入することができ、妊娠判明後の加入でも帝王切開や切迫早産も保障可能です。妊娠糖尿病の方はエクセルエイドの糖尿病保険をご検討ください。