妊娠中に医療保険に入ることはできるの?

妊娠中に医療保険に加入することは可能?

妊娠をするとお腹の中の胎児がどんどん大きくなるにつれて、母体にも大きな負担がかかるだけでなく、つわりや切迫早産、切迫流産、妊娠中毒症などといったリスクを伴うことになります。

しかし、妊娠が判明してから医療保険に新しく加入するとなると、入るのが妊娠前に比べると容易ではありません。

妊娠中に加入できる医療保険は条件あり

たしかに妊娠中は経過が良好で、たとえば帝王切開の予定がないなど異常がないような状況であれば加入できます。多くの保険会社では加入できることがほとんどですが、条件が付き、保障される範囲が制限されてしまいます。

主に挙げられる例として、子宮や卵巣や卵管などの部位が原因となる入院や手術は保障対象外になってしまいます。つまり、妊娠で想定される、切迫早産や切迫流産、帝王切開、妊娠高血圧症候群などが保障対象外です。つまり、妊娠の際のリスクを目的として医療保険に加入する方には、妊娠中の保障は期待できない結果となるでしょう。