鬱(うつ)とはどんなものか?

鬱とは?

鬱状態になると、日々の生活でずっと気分が落ち込んでいて楽しくない、どんなことをしてみても楽しめない気持ちになります。
気分障害の一種と言われていて、これは今健康的で意欲的に物事に取り組んでいる人でも急になってしまう可能性がある病気です。
人間誰もがかかってしまう可能性があります。
気分の落ち込みと一緒に、眠れない、食欲がないなどの症状も一緒に現れます。
普段から疲れやすく苦しく日常生活に障害が支障がある場合も鬱かもしれません。
鬱病のほかに、気分が上がる時と下がる時が来る双極性障害(躁うつ病)があります。

鬱のきっかけ

鬱病になってしまうきっかけは、日々の生活の中に潜んでいます。
学校や会社でのいじめや失恋、離婚、大切な人が死んでしまうなどさまざまなことがきっかけです。
悪い出来事ではなく、世間から見たら喜ばしいことでもストレスから鬱になる場合もあります。
たとえば、進学、新築を建て引っ越しなどにも潜んでいるのです。
通常の精神状態の時には、「こんなことがきっかけで?」と感じるようなことでも鬱になる要因になってしまいます。

目安は2週間

誰でも自分の思い通りに行く日々を送っているわけではないため、鬱病のような状態に陥り落ち込むこともあります。
それでも、通常は少しの間落ち込んだら、「クヨクヨしていても仕方がない」と次に進めます。
いつの間にかその時の出来事も忘れていくものです。
しかし、やる気が起きなくて、眠れない、ご飯も食べたくないというような状態が2週間続いたらおかしいです。
ずっと無気力で気分が落ち込んでしまったという時には病院に行きましょう。
本当に自分は鬱病か自信がなくても問題ありません。
精神科や心療内科に行けば、丁寧に診察してチェックしてくれます。

鬱になりやすい人

完璧主義者で、自分が少しでも失敗すると許せない人、真面目な人、人に気を遣う人などがなりやすいと言われています。
完璧に頑張りたい、真面目に取り組みたいと考えることは素晴らしいです。
急に性格を変えるのも難しいでしょう。
少しずつで良いので、万が一ミスしてしまったり、怒られてしまったりしても「まぁいいか」と思えるように訓練してみてください。
適当で良い部分は誰かに文句を言われても良いので、いい加減にやってみましょう。
少し気を緩めて自分に優しくし、何か悪いことが起きてパニックになりそうでも「なるようにしかならない」と時の流れに身を任せてみてください。
人に気を遣う人も、「嫌われたっていい」と割り切って「いい人」をやめるとストレスが軽減されます。