鬱(うつ)の治療費

鬱(うつ)になったときの治療法や治療費について

鬱(うつ)の治療費については、当事者にとっては重要な問題になってくるものではないでしょうか。

現在は多くの人が鬱に悩まされる時代になっていて、いつ鬱が自分にも降りかかってくるのか、誰にも分からない状態です。

もしもに備えてどのくらいの治療費が必要なのかを把握しておけば、対策を立てやすいといえるでしょう。

また、鬱の治療費と同時に、治療期間がどのくらいになるのかも理解しておきたいところです。

鬱の治療の期間 

鬱の治療費を知りたいのならば、鬱がどのくらいの期間で緩和するのかを把握する必要があるでしょう。

もちろん、人それぞれ症状の度合いは違い、おかれている環境が違うかと思われます。

しかし、ある程度の目安のようなものを把握しておくと、治療しやすいのではないでしょうか。

まず、一般的に鬱病の治療期間として、3ヶ月程度から6ヶ月程度で症状が緩和するといわれています。

このくらいの期間で症状が緩和する人たちは全体の3割程度になっており、1年程度治療を続ければ、全体の7割の人は症状が緩和するといわれているのです。

多くの場合が1年間くらい通院することを考えておくとよいでしょう。

鬱の治療費について

鬱の治療費についても、それぞれの状況によって異なります。

しかし、一般的に鬱の治療で病院へ通う場合には、健康保険適用を前提に、だいたい月に5000円から1万円程度、年間で10万円程度を見込んでおくとよいと言われていますがですが、人によっては重度の場合もありますので、一概にはなんとも言えないところです。

治療費よりも仕事ができない点が厳しい

鬱の治療費は健康保険を適用できる場合は、そこまで深刻な出費になるというわけではありません。

むしろ、鬱を患ってしまうことによって、仕事ができなくなってしまう影響の方が大きいです。

仕事ができなくなってしまうと、収入が減少してしまいますので、余計に鬱の治療費が家計を圧迫してしまいます。

鬱になってしまった場合は、どのくらいの期間仕事を休まなければならないのか、また本来のように働けるようになるまではどのくらいの期間が必要なのかを把握する必要があります。

また、仕事が完全にできない状態が続くと、職場からの信頼性も失われてしまう可能性もあるので、鬱はその治療費そのものよりも、症状の方が厄介だといえます。

勤務先の担当者に相談して、健康保険の傷病手当金制度を活用しながら生活を維持し、しっかり休みながら治療に専念していくことが回復への近道となります。