鬱病になったら生命保険に入れない?加入までの手順を紹介!

鬱病になったときの生命保険加入はできる?

鬱病を発症すると、生命保険や医療保険には加入できないといううわさを聞いたことがありませんか。

この記事では、鬱病を発症した場合に生命保険に加入する手順についてお知らせします。

鬱病は精神疾患の一つ

現在も鬱病を患っていたり、過去に鬱病になったりしたことのある人は、生命保険の加入が難しいのは事実です。その理由が、鬱病は精神疾患であり、長期入院や再発のリスクが高い病気の一つであると保険会社がとらえているためです。鬱病になったことがある人が、生命保険の加入を断られるケースは実際に数多くあります。

告知違反はもってのほか

生命保険に加入する前には、「告知義務」というものがあり、過去の病歴や最近の健康状態を保険会社に伝えなくてなりません。この「病気」の確認の中には、鬱病が入っています。

「鬱病が知られてしまうと、生命保険に入れなくなるのではないか」という恐れから虚偽の告知をしてはいけません。告知義務違反がバレてしまった場合には、契約解除などのペナルティが待っています。