鬱病の症状を身体とメンタルに分けて見てみましょう

身体面に出る症状

鬱病の症状は人によって個人差はあるものの、身体に現れる辛さと精神面に出てくる症状に分かれます。

まず身体面においては、何をするのも面倒臭くやる気がなくなります。

倦怠感が続き、朝起きるのも辛くなり、頭痛や腹痛が頻繁に生じる人も見られます。

人によっては突然耳が聞こえにくくなり、耳鳴りがして落ち着かないこともあるようです。

そのほかに身体に現れる症状として、胃腸障害や食欲不振が挙げられます。

反対に、過度に食欲が増して食べ過ぎて肥満体になるケースも見受けられます。

呼吸がしにくくなる、過呼吸が起きるのも、鬱病の可能性が高いでしょう。

さらに多くの人に共通するのが、眠れないという症状です。

寝付きの悪さや中途覚醒、早朝覚醒など不眠の種類はさまざまです。

眠れないことは鬱病の予兆であることも多いので、早い段階で病院を受診しましょう。

メンタル面に出る症状

鬱病の治療は心療内科や精神科を受診することになります。

心の病気に分類され、メンタル面において非常にさまざまな症状が出現します。

わけもなく涙が出てきたり、死にたいという衝動に駆られるなども、症状の一種です。

自分がこの世に存在する価値が分からなくなり否定的になって、時にはリストカットをする人も見られます。

悲しみや焦りなどのネガティブなマイナス感情がわき起こり、感情が支配される感覚です。

躁鬱病の場合は、元気なときと落ち込むときとの差が激しくなります。

1日の中でも感情の変化が大きく、表情もころころ変わります。

元気なときほど自殺しやすいとも言われており、活動的になっているからといって安心はできません。

鬱病の苦しさ

こうした心身に現れる症状は、なかなか他人には分かってもらえないことも鬱病の苦しさです。

頑張りたくても身体が思うように動かないことも多く、気持ちもついていきません。

その結果、さぼっているように周りからが見られてしまいがちです。

朝起きれず遅刻してします人もいますが、そのために学校や職場で怒られて余計に自分を追い詰めてしまします。

本来真面目な人が鬱病になりやすいため、周りからさぼっていると見られてしまう自分を許せなくなるのです。

最終的に自殺を図るケースも少なくはありません。

特に身体に現れる症状は、ただの疲労だと甘く見てしまうことが多いので要注意です。

身体の違和感や痛み、倦怠感が続くようであれば鬱病を疑い医療機関を受診しましょう。