糖尿病の特徴的な症状を覚えておこう

糖尿病には特徴的な症状がある

自分では健康的だと思っていても、知らない間に糖尿病になっている可能性があります。

どんな症状が出るのか、特徴的な症状がありますので把握しておきましょう。

初期症状として出やすい症状

糖尿病になった時、初期症状として出やすい症状があります。

普段の生活の中で尿がたくさん出て、すぐに喉が渇きやすくなった場合、もしかしたら糖尿病の可能性があります。

体内にある糖を出そうと思うと水分も一緒に出ていってしまうため、目に見えて尿が多くなるのです。

そして、水分を体内から出してしまうため、喉が渇きやすくなります。

疲れを取るために休んでいるにもかかわらず、全然良くならない場合やずっと体がだるい場合も要注意です。

日々忙しい時を過ごしているのでその疲れかもしれない…と感じてしまいがちですが、糖尿病のサインかもしれません。

そして、食べているのに体重が減っていくのも、特徴的なサインです。

普通はご飯を食べた分体重が増えやすく太ってしまいますが、食べているはずなのに減っていくのはおかしいサインです。

糖を外へ排出するために、体内の中にある脂肪なども使うため、太らずに体重が減ってしまいます。

ただ、糖尿病の初期症状は、通常に生活していてもよくあるような症状のため、気が付かないまま見過ごしてしまうことが多いです。

特に、疲れやすくてだるくても忙しいからと感じてしまうことや、尿もそこまで毎回量をじっくりと見ているわけではないため、いつもよりも多いと感じにくいのです。

よくわからないまま初期が過ぎてしまい、重くなってから糖尿病だとわかるケースも増えています。

 

糖尿病になりやすい特徴

初期症状もなんとなく当てはまるかもしれないと思ったら、ほかにも糖尿病になりやすい特徴に当てはまるかどうか見ていきましょう。

これまで自炊をほとんどせずに外食している場合、あまり運動をせずに車にばかり乗っている場合、高血圧で薬を飲んでいる場合には可能性が高くなります。

ほかにも、遺伝の要素も大きく、親や兄弟に糖尿病の人がいる方や、妊娠した時に尿から糖が出た経験がある方も糖尿病になりやすい傾向があります。

年齢も若い時に比べて40歳以上になると発症しやすいので注意が必要です。

いずれにしても、がんになった後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる医療保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険を取扱している可能性は極めて低いです。

そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。

あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

普段から気にしておきましょう

普段から尿の量や喉の渇きの異常、だるさなどを見ておくと良いでしょう。

なんとなく当てはまると感じたら、日頃の生活習慣の中で外食が多い、車に乗る機会が多く運動不足、家族にも糖尿病になっている人がいないかどうかも見ましょう。

大体当てはまっていれば糖尿病の可能性も高くなりますので、まずは病院に行って相談をしてみてください。