感染症の種類

人類の最大の敵は感染症ともいわれている

人類はある意味において、感染症との闘いの歴史を繰り返してきました。

感染症というものは、大気や土壌、水や動物に存在する微生物が、人の体内へ侵入して引き起こす疾患です。人から人へ移ってしまい、現在世界中で巻き起こっているコロナウイルスのように、感染拡大が止まらないものも多数あります。

重症化してしまうと死亡してしまう事もあるので、特に小さな子どものいる家庭などでは、子どもの様子を窺いながら注意しなければなりません。

ご年配や既往歴のある方も重症化しやすく、まさに今、世界中で直面している問題です。

細菌とはなんなのか

目に見えない微生物の一つに細菌があります。

細菌とは一つの細胞で構成されている生物で、単細胞生物とも呼ばれています。

人の身体に入って増殖し、感染症を引き起こして死に至らしめるものもあり、大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などが知られています。

逆に、人の健康維持に欠かせない細菌も存在しています。

特に腸内環境や皮膚表面では多くの細菌が活動し、ビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌などは有名でしょう。

ウイルスとはなんなのか

もはや細胞すら持たないもので、サイズは細菌の50分の1程しかありません。

単独では増殖できず、ほかの細胞に侵入して自分のコピーを作らせ、破裂したところでさらにほかの細胞に侵入して増殖して、感染症を引き起こします。

主なウイルスとして、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、コロナウイルス、HIVなどがあります。

真菌(カビ)とはなんなのか

カビも感染症の一種として、人を病に至らしめるものがあります。

かつては植物に分類されていましたが、研究が進んだ現在では、独自区分に分類されました。

胞子を肺から吸い込んで体内に侵入するため、せきや呼吸困難、胸痛などの肺疾患として症状が現れることが多いです。

原虫とはなんなのか

回虫のような寄生虫によって起こる、寄生虫症も感染症の一種です。

単細胞の微生物で、宿主に寄生し一方的に養分を吸い取って増殖していく形態ですが、極めて複雑な動きをするため、ほとんど解明できていません。

アニサキス、マラリア原虫などがありますが、有効なワクチンがないのが現状です。

 感染症にかかったら早めに病院へ 

感染症は人だけがかかるものではなく、鳥などの動物なども集団感染を起こしたりしますので、そういった点ではとても怖い病気です。

風邪などの症状以外で今までに見たこともないような症状のときは、即座に病院の医師に相談をしましょう。

もう少し遅ければ危険であったということが起こりえますので、何かしらの症状が出た場合は、速やかに病院を受診するようにしましょう。

感染症というものにかかってしまうと、完治するまでしばらく外出もできなくなってしまいます。

仕事にも出られない、学校や保育園も休まなくてはいけないという事態になってしまいますので、周りに移さないようにするためにも早期発見が望ましいです。