ADHDの特徴とは

ADHDとは

ADHDは注意欠如・多動症と呼ばれるものであり、主に不注意と多動性・衝動性という2つの特性を持つ発達障害の一種です。
自分自身で意識や行動をコントロールすることが難しいために、生活が困難に感じることが多いです。
年齢に合わない不注意さでや好きなこと以外には集中力を持続できないうえに、関心を示さない多動性、そして思いついたことをすぐに行動へ移してしまうという衝動性が見られます。
時と場合に応じ自らコントロールするのが困難なために、不注意やミスなどが目立ちやすくなってしまいます。
これらの特性によって、人間関係がうまくいかなかったり、コミュニケーションが取れなかったり、学習や仕事がうまく進まなかったりなどといったことで困り事が出てしまうのです。
ADHDの方は知的な遅れがないために見逃され、大人になってから違和感や生きづらさを覚えて自ら精神科などの病院へ出向き、ADHDと診断されている方も多くいらっしゃいます。

ADHDの特徴

ここで、ADHDの特徴について詳しく解説していきます。
ADHDとはいっても、一人ひとりによって出現する特性が異なっているので十人十色です。
ADHDには大まかに3つの種類があるとアメリカ精神医学会のDSM-5において言われています。
不注意が優勢であるタイプの不注意優勢型と多動・衝動性が優勢であるタイプの多動一衝動性優勢型、これらが混合しているタイプの混合型の3つです。

・不注意優勢型

不注意の特徴が強く、多動や衝動性はあまり見られないタイプの方です。
たとえば、学習や仕事に継続して集中することが難しかったり、物忘れがひどかったり、外からの刺激で気がそれやすいといったような特徴があります。
ただし、自分の好きなことや夢中なことがあるとそればかりに熱中し、周りの声などが聞こえなくなってしまいます。
スケジュール管理が苦手である場合や約束をすぐに忘れてしまうといった方もこのタイプです。

・多動性一衝動性優勢型

多動性や衝動性の特徴が強く、不注意はあまり見られないタイプの方です。
とにかくじっとしているのが苦手で、常に動いていないと落ち着かないために無意識に体が動いてしまう場合や感情のコントロールが困難な特徴があります。
児童期などは立ち歩きが目立ったり、順番が待てなかったりなど集団生活で1人落ち着きがなかったりなどと言ったことが見られるのです。
また、1人で一方的な話をする場合や金銭管理が苦手といった方もこのタイプに当てはまります。

・混合型

不注意の特徴も多動・衝動性の特徴もあわせ持ったタイプの方です。

で、ADHDの特徴について詳しく解説していきます。
ADHDとはいっても、一人ひとりによって出現する特性が異なっているので十人十色です。
ADHDには大まかに3つの種類があるとアメリカ精神医学会のDSM-5において言われています。
不注意が優勢であるタイプの不注意優勢型と多動・衝動性が優勢であるタイプの多動一衝動性優勢型、これらが混合しているタイプの混合型の3つです。