仕事と妊娠

会社には早めに伝える

専業主婦になり、妊娠したのであれば、会社に伝えなければいけない悩みはありません。
しかし、働いていた場合は、会社に隠しておくわけにはいかないのが現状です。
身内や友人に伝えるのであれば安定期に入ってからも問題ありませんが、会社へは妊娠がわかったらすぐに報告しましょう。
理由としては、安定期に入る前に仕事へ影響が出てしまう可能性があるためです。
人によっては初期にも何もなく、つわりもほとんど感じないまま安定期に突入する人もいます。
しかし、つわりがひどくて、仕事にならない状態になってしまう人や入院が必要になる人もいます。
こればっかりは、妊娠後時間が経過しないとわからないことです。
万が一仕事に影響が出てしまうことが起きても、事前に妊娠の話をしていれば理解してもらいやすくなります。

退職するか復職するか決める

育児休暇を取って復職するのもありですし、退職して一旦専業主婦になって家にいるのも良いでしょう。
どちらを選択したから間違いはなく、自分次第です。
ただ、辞めるにしても育児休業を取るにしても、そのことはしっかりと会社に伝えましょう。
退職する場合は、必ずどのタイミングまでいなければいけないというのもありません。
育児休業を取る場合は、臨月近くまで働く方も多いかもしれませんが、退職の場合は安定期に入る頃に辞めることだってできます。
しかし、突然辞めてしまったら会社に迷惑をかけてしまうので、退職や復職するかを伝え、退職する場合は何月あたりに辞めると決めて伝えましょう。
それに合わせて新しい人材の募集をかけるなど、会社としても準備ができるようになります。

働き方も相談する

その方によって、働いている仕事の内容は違うものです。
重たい荷物ばかりを運ぶような仕事をしている方は、そのまま続けてしまうと流産してしまう危険もあります。
事務職のようなあまり重たいものを持たずに、座っている時間が長いような仕事に回してもらうのも良いでしょう。
中には、検診の際に医師から配慮が必要と言われることもあります。
その場合は、指導を受けた旨を伝え、妊娠中は普段と違う配慮を行ってもらいましょう。
人間関係などもあり言いにくい職場もあるかもしれませんが、労働基準法や男女雇用機会均等法で決まっていますので、堂々と伝えても大丈夫です。
無理をしてしまうとせっかくの命が危険にさらされる可能性があるため、働き方はしっかりと考えておきましょう。
妊娠前のように働けないと思っても、それはいけないことではないため気にしないようにしましょう。