【緑内障×保険】緑内障ってどんな病気!?眼圧とは関係ない!?

緑内障と眼圧の関係

緑内障は眼の病気で、視神経に障害が発生し、目で見える範囲が欠けたり狭くなったりする症状が出ます。

以前は高齢者の病気と考えられていましたが、現在日本で緑内障にかかる人は40歳以上で約5%という高さになっており、一概に高齢者だけの病であると言えなくなりました。

もっとも、70歳以上は倍以上の割合になっているため、年齢は大きな要因ではあります。

また、眼圧の上昇が緑内障の最大の原因ではあるものの、基準値からすると眼圧が正常であっても緑内障になる「正常眼圧緑内障」が増えているのが事実です。

眼圧とは

眼圧というのは眼の中の圧力のことですが、眼球は水をたっぷり含んだ風船のようなもので、その中の圧力は常に一定に保たれています。

眼球の中にある液体は房水と言い、圧力を保ちながら循環しています。

房水が生み出す内部圧力を眼圧と言い、正常なら眼圧が上がったり下がったりするようなことはありません。

ところが、房水が排出される経路のどこかが詰まったり、巡りが悪くなったりすることで房水が溜まりすぎると、眼圧が上がってしまいます。

緑内障はこうして眼圧が上がってしまうことで起こりやすいのですが、眼圧が正常でも緑内障が起こることがわかりました。

一人ひとりの許容範囲が重要

実は、日本ではこの「正常眼圧緑内障」の患者さんが少なくありません。

また、眼圧が基準値より高いと必ず緑内障になるわけでもなく、その人にとっての高い眼圧が長期間続くと、障害をきたすことがわかっています。

視神経の状態は非常に個人差が大きく、一括りにして基準で測ることが困難です。

発症には眼圧だけでなく、眼の周辺の血液循環なども影響すると考えられ、慎重な検査が必要な状況となっています。

現在、正常眼圧緑内障は緑内障全体の7割以上だと言われています。

ゆっくりと進行するため自覚症状がほとんどなく、見えにくさを感じ始めたときにはかなり進行している場合が多いでしょう。

緑内障は治療できる

緑内障の兆しをいち早くキャッチすることで、薬物治療で進行を抑えることができます。

基本的に点眼薬で眼圧を下げられるため、自分の体に合った薬を早く見つけることが大切です。

目に差す薬ですが、中には心臓病や喘息に影響するものもあります。

医師と話し合い、副作用も含めて十分に理解したうえで投薬しましょう。

また、近年ではレーザー治療が行われることも増えています。

隅角にレーザーを当てると、房水の排出を改善することができるため眼圧が下がり、より病気の進行を遅らせることが可能です。

外科手術も進化し、白内障の手術とともに房水を排出させやすくする手術なども行われています。