【緑内障×保険】緑内障はどんな流れで確定診断されるのか

緑内障の診断の流れ

緑内障として診断されるまでにはどのような流れがあるのでしょうか。

まず、緑内障として医師から確定されるまでには、あらゆる検査を定期的に受けなければなりません。

緑内障には、以下のような検査が必要となります。

 

・眼圧測定

 

眼科に行くと眼科の定期検診で受けられる方も多いと思いますが、眼の表面に空気を当てて測定する「空気眼圧計」による眼圧測定が行われます。

このほかにも、眼の表面に眼圧を測定する器具を当てて測定する、「ゴールドマン圧平眼圧計」による眼圧測定が行われることもあります。

 

・隅角検査

 

隅角鏡と言われるレンズを使用して、隅角の広さや異常がないかどうかを調べます。これにより、眼圧が高くなっている原因を探ることや病気の診断を行っていきます。

 

・眼底検査

 

網膜を直接観察することで、視神経の障害の程度を調べる検査になります。

視神経乳頭には小さなへこみがあるのですが、緑内障になると視神経が脱落してしまうことによって、視神経乳頭のへこみがより大きなものに広がっていくのです。

眼底検査ではこのほかに、視神経乳頭から出血がないかどうか、周囲の網膜神経線維層の欠損の有無などを調べます。

眼底検査では、凹凸レンズをかざして眼底を直接観察することや、眼底をカメラで撮影するなどをします。

・視野検査

 

視野検査は、視野異常を把握するために視野の範囲を調べる検査です。

緑内障の進行度合いを把握するためには重要な検査であり、確定診断や経過観察で行われています。

初期の緑内障では、視野の中心から1530度以内に視野異常が現れやすくなるといった特徴があるのです。

検査は片目をふさぎ、視野計ドームの中心を見ながら小さな光をあちこちに表示させ、それが見えるか見えないかによってボタンを押して答えるといった形式で行われます。

視野検査には、指標を外側から中心に向かって動かしながら、見えた位置をつなげて測定する「動的視野検査」を行うゴールドマン視野計を使った検査や、あらゆる位置から明るさの異なる光を出し、光が見えたらボタンを押して答えるという「静的視野検査」を行うハンフリー視野計を使った検査が行われます。

静的視野検査の場合、主に中心部の視野を詳しく知ることができることから、初期の緑内障の検出に適している検査です。

OCT(画像解析検査)

眼圧の高さは人によって基準が異なったり、視神経乳頭陥凹の大きさも個人差があったり、視野検査も視神経が30%損傷していないと視野が欠けることがないために、初期の損傷はなかなか確定診断することができません。

これらを踏まえ、非常に緑内障の確定診断は困難を極めるものでした。

そこで誕生したのが、OCTと呼ばれる画像解析検査です。

光干渉断層計と呼ばれる装置により、視野欠損が起こる前の視神経の損傷も明確に確認できるようになりました。

検査も12分程度で終わるもので、画像解析によって緑内障の確定診断が可能になっています。

眼圧が高くない正常眼圧緑内障の方にも、効果があるとして注目されています。