てんかんってどんな病気?

よく見られる症状

てんかんの症状はさまざまですが、代表的なよく見られる症状は以下の症状です。

ぴくつきやひきつけ、痙攣といった、てんかんをイメージさせる症状のほか、ぼーっとしてしまう、意識を失ったまま動き回る、視覚障害や感覚障害、腹部違和感、精神症状なども挙げられます。

どの症状がどのくらいのレベルで発生するかは、大脳の神経細胞において、どの範囲に過剰興奮が起きているかによって違いが出ます。

そこで、脳の一部の神経の過剰反応から生じる部分発作と、脳全体の神経の過剰反応によって生じる全般発作に分けて、より詳しく症状を見ていきましょう。

 

部分発作の症状

脳の神経の一部から興奮が起こり、どの神経かによって、さまざまな症状が発生します。

手や顔の一部がピクピクと動く運動発作、身体の一部がピリピリ感じる感覚発作、胃のむかつきや吐き気を感じる自律神経発作、ずっと前に見た情景が蘇るなどの症状を伴う精神発作などが挙げられます。

興奮の範囲が広がると、全身性痙攣に至るケースもあるため注意が必要です。

 

全般発作の症状

脳の大部分または全体がほぼ同時に興奮して発症する発作で、さまざまな症状が発生します。

パッと意識を失い、パッと回復する欠神発作、両手などにビクッと一瞬力が入るミオクロニー発作、口がへの字状態になり、身体にグーッと力が入る強直発作、ドッと倒れて身体全体をガクガクさせる強直間代発作、真下にストンと落ちる脱力発作などが挙げられます。