鬱と生命保険や医療保険について

鬱で入院したら

鬱病は精神的な疾患で、一般的な治療法としては薬物療法や行動療法などの心理療法が行われます。
ですが、自傷行為が行われることやオーバードーズになる、本人や周囲に危険が及ぶような重度の状態の場合には入院による治療が行われることもあります。
また、鬱状態を悪化させないよう、一定期間心の休息を図るためのストレスケア入院などを実施している病院も少なくありません。
鬱病で入院した場合、医療保険や生命保険に付保した医療特約による入院給付金は支払われるでしょうか。
内臓疾患による病気入院や、交通事故などのケガによる入院が対象のように思えますが、精神疾患による入院も保障されます。
ただし、それは鬱病と診断される前に保険に加入していた場合です。

鬱病になってから保険に入れる?

保険というのは支払う月々の保険料に比べると、いざという時に大きなお金を受け取ることができます。
これができるのは、契約者がみんなで少しずつ保険料を出し合って、お金を貯め、誰かの万が一に備えているためです。
そのため、支払リスクがほかの方より高い方は加入できないか、ほかの方より保険料が高くなることやリスクの高い事象については保険金が払われないことがあります。
つまり、鬱病になってから生命保険や医療保険に入りたいと思っても入れないケースは多いです。
取り扱い方は、各保険会社によって異なります。

鬱病による支払リスク

鬱病の方の多くは普通に生活を送りつつ、通院や投薬による治療を受けるのが基本で、入院治療が必要となるケースはそう頻繁にはありません。
それなら、あまりハードルは高くないのではと思われるかもしれません。
ほかの人より、少し保険料が高い、鬱病による入院は対象外とすれば良いのではと考えられます。
もっとも、鬱病になるとオーバードーズや自傷行為によって救急搬送されるケースも少なくありません。
症状や薬の服用により、フラフラして転倒するなどし、ケガをするリスクも高まります。
持病がない方に比べると、鬱病そのもの以外の面でも支払リスクがあるため、保険会社は慎重になるのが一般的です。

鬱病の方も入れる保険

鬱病でも入れる保険はないかネットで検索すると、入れそうな保険もいくつか挙がってきます。
もっとも、それぞれ加入できる条件やどのような場合にどんな保障が得られるかはさまざまです。
鬱病やその影響が出そうな事柄には保障が行われず、鬱病とは基本的に関連がない癌のみ対象となるといった保険もあるので、よく内容を確認してニーズを満たせるか検討しましょう。