最新のがん保険で安心の備えを

がん保険でできること

癌で入院や手術をした際には、一般的な医療保険や医療特約でも入院給付金や手術後の通院給付金、手術給付金などを得ることができます。
一方、がん保険に加入していれば、一般的な医療保険では得られない、癌の治療リスクに備えた保障が得られます。
たとえば、診断一時金や通院給付金、先進医療保障などです。


助かる診断一時金

一般的な医療保険では、がんと診断されただけでは何の保障も得られません。
癌の治療のために入院した場合や手術をしない限り給付金が出ません。
がん治療においては、入院せず、通院で薬物療法や放射線治療を受けるケースもあります。
こうした際でも、がん保険に入っていれば、一部の癌を除き診断給付金が支給されるので、治療に備えることができます。
また、癌の発症に伴い、治療に専念するために休職する方や仕事を辞める方も少なくありません。
体力が落ちて仕事ができなくなる方、抗がん剤治療などの副作用が辛くて日常生活にも支障が出る方もいます。
こうした不安がある中で、診断一時金が出ると、収入の減少をカバーしてくれ、安心して治療に専念することも可能です。


通院給付金が出ると安心

がん保険の中には通院給付金が出るタイプもあります。
一般的な医療保険や医療特約でも、通院保障はあると思われますが、給付条件が違います。
一般的な医療保険や医療特約の通院給付金は、入院して退院した後の経過観察等に伴う通院しか保障されません。
入院することなく通院をする際は給付対象外です。
近年のがん治療では外来治療といって、通院のみで治療を続ける方もいるため、通院保障が付いているとより安心です。


先進医療の保障

先進医療は最先端の医療技術や新薬を用いる治療ですが、治療の有効性を示す実績がまだ十分でなく、ノウハウも普及していないために健康保険の対象外となります。
つまり、全額自己負担しなくてはなりません。
がん治療においては先進医療しか治せる手段がないというケースもあり、その負担額が数百万円に及ぶこともあります。
治療費を払うために借金をする方や支払えずに治療をあきらめる方もいます。
そんな時、がん保険から先進医療の保障が得られると安心です。
一般的には実際に支払う実費を、保険会社によって定める上限額を限度にカバーすることができます。
なお、先進医療が保障されるようになってからまだ歴史が浅いです。
かなり前に入ったがん保険では先進医療は対象外となっているので、見直しも検討しましょう。