がんになってから生命保険に入れるか

がんになったときの保険について

本来であれば、がんになる前に事前に生命保険に入っておくものでしょう。

しかし、実際には多くの人が病気になってから生命保険への加入を考えるようです。

がんを告知されてから、慌てて生命保険を考える人もいるでしょう。

ところで気になるのは、がんになってから生命保険に入れるものなのか、ということです。

今回は、がんになった後の生命保険についての詳細を確認していきますので、今後のために参考にしてみてください。

 

がんになった後に生命保険に入れるか

まず、がんになってしまうと、保険に入る際の条件が厳しくなってしまいます。

がんになってからだと、保険加入を断られる会社もあるでしょう。

しかし最近はがんになってからでも加入できる保険が増えてきています。保険料が高かったり条件が厳しかったりというハードルがありますが、入れないことはありません。

つまり、がんになっても保険をあきらめる必要はないといえるのです。

条件の部分では、がんの後に一定期間経過した後に入れる、という規約を設けているものもあります。

また、一定期間経過しても、投薬治療などを受けている場合は、一定期間と見なされない場合もあるのでご注意ください。

投薬だけではなく、検査なども含まれる可能性があるので、一度がんになってしまうと、そこから保険に入ろうとするのは、かなり条件が厳しくなることが分かるのではないでしょうか。

また、がんになってから入れる保険は増えてきてはいるものの、その数はまだまだ少ないのが現状です。

 

健康状態も厳しく審査される

がん治療の最後の日から数年経過しているというのが、がんになった後の保険の条件になることが多いのですが、その際には健康状態も厳しくチェックされます。

がんの症状がなくなっても、その他に健康的な不安があるのならば、保険に入れない可能性もあります。

 

基本はがんになる前に加入

がんになった後に生命保険に入るのは、かなり難しいことがお分かりいただけたかと思います。

中にはがんになってから入れる保険もありますが、保険料が高くなったり、条件や審査が厳しくなったりする可能性もあります。

基本的には生命保険というのは、転ばぬ先の杖として利用するものなので、がんになる前に加入を検討するのがベストでしょう。

自分が病気になるというのはなかなか実感できませんが、がんは人知れず進行していく病でもありますので、ほとんどの人ががんになる危険性を秘めているといえるのです。