がん保険のメリット

もしものときのために貯えを

がんの治療費は、健康保険を使ったとしてもかなりの高額になります。

日本人の2人のうち1人ががんになると言われているので、元気なときからある程度の貯えが必要です。

あるいはがん保険に加入しておくと安心でしょう。

 

保障の用意の仕方

診断給付金はがん保険などであると一律100万円というケースもあります。

これに対して、三大疾病保険や特約の場合、300万円、500万円、1000万円など自由な設定が可能です。

先進医療を受けない場合も、がんで入院や療養している間に働けなくなり、収入が減ることが予想されます。

家賃やご家族の生活費などを考えれば、診断給付金が手厚いと安心できます。

ただし、保険金を高く設定すれば保険料もアップし、健康状態によっては入れないケースもあるので注意しましょう。

 

入院給付金でカバー

診断給付金が100万円であったとしても、入院給付金を用意しておけばカバーができます。

差額ベッド代などを考えれば、日額10,000円はつけられると安心です。

なお、医療保険によっては日額5,000円でも、がんの場合は2倍保障といったタイプもありますので確認してください。

また、入院日額は手術時の給付金にも影響する事も念頭に置いておきましょう。