新型の感染症対策について

ワクチンを接種して病原菌に打ち勝つ

新型の感染症予防効果のあるワクチン接種の環境が整ったら、早めに受けるようにしてください。
今も昔も感染症予防の基本対策はワクチン接種であり、病原体に対して強い免疫力を得ることができます。
特定の持病があるなどの問題によりワクチン接種ができない方を除けば、ワクチン未接種よりも接種するメリットのほうがはるかに大きいです。
自分が新型の感染症にかからないことは、周りに感染させないためにも意味があります。
感染者を増やさないために自分が今できることをやってみましょう。
ワクチンには倦怠感や発熱、筋肉痛などの副作用がありますが、これは効果があることの裏返しでもあります。
ワクチンを打てないという方に関しては、人との接触をいかに避けるかが要になります。
不要な外出は避けて、なるべく家で過ごすようにしてください。

病原体を体内に入れないために

新型の感染症予防の基本対策には、マスクの着用や手洗いなどもあります。
マスクは病原体との接触を減らすために役立ちます。
手洗いも同様に病原体の感染経路を断つために効果的です。
経口感染を避けるためには、病原体の付着した手でモノに触れないことがポイントです。
たとえば、病原体が付着した手でパンを食べると、体内に病原体を取り込むことになります。
病原体が侵入したから確実に感染症が発症するわけではありませんが、大きなリスクになるのは確かです。
特に免疫力が低下している状態では、経口感染のリスクがぐっと高くなります。
スーパーやコンビニに行く時は、店舗に備えられているアルコール殺菌・消毒液を使用しましょう。
ドラッグストアや薬局で販売されている消毒用のアルコールは、家庭での感染対策に役立ちます。

三密をいかに回避するか

三密を避けることは新型の感染症のリスク軽減につながります。
人がすぐ隣にいる、狭い空間に大勢が集まっている、風通しが悪くて空気がよどんでいる、といった三密の状態は好ましくありません。
密接・密集・密閉を避けることが、新型の感染症を防ぐことにつながります。
感染症は人から人に移るので、人がいる状況では換気を徹底しましょう。
換気扇や窓を開けて換気する、最新の空気清浄機を使用する、などの対策が役立ちます。
マスク着用やアルコール消毒などの対策を徹底しても、感染症にかかる人はかかります。
新型の感染症対策ではいかに複数の対策を並行していくかが重要です。
1つの方法だけを実践するよりも、5つの方法を並行したほうが予防効果は高くなります。