脳卒中 保険

脳卒中のリスク

脳卒中は脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞の総称であり、日本人の死因で癌、心筋梗塞に次ぎ3番目に多く、死亡リスクの高い疾患です。
突然発症してすぐに亡くなってしまう方もいる一方、手術などの治療が成功しても寝たきりになることや後遺症が残り、生活に支障が出る方も少なくありません。
脳の血管が詰まって血液が行かなくなる場合や脳内の血管が破裂してしまう症状であるため、体への異常が残りやすいです。
脳は人間の体の司令塔であり、手足を動かしたり、物を見たり、聞いたり、言葉を話すことも、すべて脳と脳からつながる神経の働きでコントロールされています。
ここに異常が生じる病気のため、命を取り留めても、手足に麻痺が残ったり、言語障害が残ったり、一生寝たきりや車いす生活といったことも多いです。

脳卒中のリスクを保険で備えたい理由

脳卒中になると緊急手術をはじめ、長期の入院が必要になるのが一般的です。
また、退院に向けて、立ち座りができるようにリハビリを重ねたり、車いす生活を送るためのリハビリを行ったり、会話ができるように言語のトレーニングを重ねることも必要になる場合があります。
こうしたリハビリは退院後にも通院や在宅で行う必要が生じます。
リハビリによる回復が困難な場合には、在宅介護か、施設に入っての介護が必要になるケースも少なくありません。
つまり、中長期で高額な治療費や療養費、介護費用などが必要になります。
その一方で、現役世代の方の場合、仕事を長期で休職する場合や回復が望めなければ退職せざるを得ない場合も多いです。
自営業者の場合には、仕事ができないので収入が途絶えます。
家族がいる場合には、家族の生活費にも困ることになるのです。
十分な貯蓄があれば、取り崩して生活することや療養費を賄えますが、それがない場合には経済的に困窮するおそれがあります。
こうしたリスクに備えて、あらかじめ保険に入っておくと安心です。

脳卒中を支える保険

脳卒中のさまざまなリスクを支えてくれる保険としては、まず、入院や手術の給付が得られる医療保険や医療特約があります。
また、診断時や回復ができない状態が一定期間続いた時に診断一時金が給付される三大疾病保険や三大疾病特約に加入し、まとまった一時金が得られると助かります。
さらに、介護保障特約や介護保険、収入保障保険などに入っていた場合、保険会社が定める条件に該当すれば、介護一時金や介護年金、収入保障年金の受取も可能です。
長引く介護生活や収入が途絶えた生活をサポートしてくれます。