妊娠に伴う費用

妊娠に関する費用や保障について 

妊娠をすると、色々な不安があります。

初めて妊娠をする女性にとっては、さまざまに変化していく身体に対する恐怖もあるでしょう。

また、妊娠をすることによる不安の中には費用面での不安があります。

そのため、事前に妊娠をするとどのくらいの費用を負担することになるのかを把握しておきましょう。

分からないことが解消されることによって、妊娠へのさまざまな不安が軽減されていきます。

そうすれば前向きになれるはずです。

妊娠には健康保険が適用されない

妊娠に伴う費用を計算する際に注意しなければならないのが、妊娠に伴う費用については健康保険が適用されないという点です。

特に問題もなく、病院で出産できた場合は、おおよそ50万円前後の費用が発生するといわれています。高めでも70万円程度みておけば安全でしょう。

実際には、どのタイミングで入院するのか、部屋はどこに入院するのかによっても異なってくるので、それによって費用も変わってきます。

妊娠に伴う費用を計算するなら、出産育児一時金についても確認しておきたいところです。

これは子ども一人あたり、42万円が給付されることになっていて、給付を受けるには健康保険に加入していることが条件となります。

ただし、事前にお金をもらえるというわけではないので注意が必要です。病院への支払いを終えた後に必要書類を添付して申請し、給付金をもらうという手順を踏むので、病院への支払いは、一旦は建て替える必要があります。

出産育児一時金

妊娠に伴う費用を計算するなら、出産育児一時金についても確認しておきたいところです。

これは子ども一人あたり、42万円が給付されることになっていて、給付を受けるには健康保険に加入していることが条件となります。

ただし、事前にお金をもらえるというわけではないので注意が必要です。病院への支払いを終えた後に必要書類を添付して申請し、給付金をもらうという手順を踏むので、病院への支払いは、一旦は建て替える必要があります。

検査費用について

妊娠に伴う費用は、出産の時だけを考えればよいわけではありません。

妊娠することによって、休業する場合には、休業している時の生活費、妊娠が順調かを確かめるための定期的な費用なども考えなければいけません。

一般的に検診は月に1回程度受けることになり、大体5万円から10万円くらいは検査費用が発生するといわれています。検診には健康保険が適用されない分、負担は大きくなってしまいます。

出産後の費用も考える

妊娠すると色々と費用が発生しますが、出産後にも費用は次々と発生します。

出産した後には育児が待っていますので、赤ちゃんのためのアイテムを購入する必要もあるでしょう。

洋服やおむつ代、ミルク代などの消耗品やチャイルドシートやベビーカーなど、初めての子どものときにはとくに準備すべきものがたくさんあります。

一方で出産することによって、出産祝いが入ってくるかと思われますので、その分も含めた計算にしておいてもいいと思います。