胃がんの症状

胃がんについて症状や注意点を簡潔に解説

この記事では、胃がんの症状についてご紹介します。

胃がんはなかなか症状が現れないガンとしても有名で、症状に気づいた時にはかなりがんが進行していることも珍しくありません。

十分に注意する必要がある病気です。

 

胃がんの初期症状

胃がんの初期症状は、多くの場合が無症状なことが多いようです。

なかなかはっきりと分かるような症状が現れにくいので、がんの発見が遅れてしまうケースが多くなっています。場合によっては、かなりステージが進行した後にようやく軽い症状が出てくるようなこともあるので、初期症状でがんを発見するというのは非常に難しいといえるでしょう。

ただし、人によっては初期から症状が出てくることもあり、消化不良によって胃に不快感などを覚えるなどが挙げられます。さらに他にも、胃痛が発生し、食後に胃が膨張したような感覚に陥ることもあるようです。胸やけを感じる人もいます。

このように胃がんの初期症状は、普通に生活していても、体調によっては普段から起こり得るような症状が多いのです。

単なる食べ過ぎと勘違いしてしまうこともありますし、胃炎や胃潰瘍と勘違いすることもあるでしょう。

素人が安易に判断してしまうと非常に危険な病気ですから、十分に注意する必要があります。

胃がんが進行した場合の症状

胃がんは、なかなか初期症状が現れにくい病気になっていますので、発見が遅れることもあります。

進行した胃がんの症状が出た時点では、かなり状況が悪くなっていることもあります。

胃がんが進行してくると消化管が狭くなる傾向にあり、これによって食べ物を食べるとつっかえる感じを覚え、嘔吐してしまうようになるのです。

また、全身に倦怠感を覚えることもあり、年中だるさに悩まされているのならば注意する必要があるでしょう。

他にも、食べ物を食べられなくなるので体重の減少が顕著になってくることも特徴です。

さらに症状が重くなってくると、吐血したり、タールのような便をしたりするようになるのです。

出血している場合は貧血になったりもします。

このような症状が出てくると、かなり進行した胃がんになってくるので、すぐさま病院にて診察してもらう必要があるでしょう。

 

定期健診が重要

胃がんの発見は特に定期健診が重要だといえます。

初期症状で見つけることが難しいがんですから、無症状の状態で定期健診をして、がんが見つかるということも珍しくはないのです。

積極的に定期健診は受診するようにしてください。

がんは不治の病ではない

がんの告知が死の宣告のように重く受け止められていた時代がありましたが、近年では医療技術が大変進歩し、がんの治癒率は大幅にアップしています。

従来ある手術や化学療法の他にも、重粒子線治療や陽子線治療などの先進医療や遺伝子治療など、新しい治療法も次々に生まれ、患者さんにとっては大きな希望となっています。