がんの4大治療法と組み合わせによる適切な治療

がんの4大治療法とは

がんの治療法には主に手術療法・放射線療法・化学療法・免疫療法の4つがあります。

がんの治療は一つだけではなく、2つ以上の治療を組み合わせることが有効なケースが少なくありません。

 

手術療法について

外科手術でがんの病巣を切除する治療法です。

メスを入れた際に周辺組織やリンパ節に転移が見られると、同時に切除されるのが基本です。

手術はキズ口や全身の体力回復に時間がかかることから、近年では切除する範囲を最小限にとどめる縮小手術や、腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術といった、身体への負担を抑えられる低侵襲手術も登場しています。

 

放射線療法について

がんの患部に放射線を照射してがん細胞を殺傷し、がん細胞の増殖を抑える治療法です。

放射線は細胞分裂が活発な細胞ほど、効率的に殺傷できる特徴があります。

がん細胞は正常な細胞より活動が活発なため、放射線で効果的にがん細胞にダメージを与えることが可能です。

一方でデメリットとして、正常な細胞にも放射線が当たってしまい、正常な細胞も少なからずダメージが加わります。これによって吐き気などの副作用が出てしまいます。

正常な細胞に極力影響を与えないよう、一定の線量を小分けにして何回も照射するなど時間のかかる治療が行われます。

 

化学療法について

化学療法は抗がん剤などの化学物質を投与することで、がん細胞の分裂を抑えたり、がん細胞を破壊したりする治療法です。

がんは次第に転移し全身に広がっていく恐ろしい病気です。

そこで、抗がん剤を内服したり、注射したりすることで血液中に入れ、全身に行きわたらせます。

これによって転移するなどして、検査ではまだ明らかになっていないがん細胞まで攻撃できます。

化学療法は全身的ながんの治療に効果を発揮しますが、髪の毛が抜けるといった副作用が辛いのも事実です。

 

免疫療法について

免疫療法は人間が本来持つ身体の免疫を高めることで、がん細胞を排除しようという治療法です。

化学療法と同じく、全身に効果がおよぶ全身療法の一つになります。

オプジーボと呼ばれる免疫チェックポイント阻害剤を用いる方法が代表的です。

従来行われてきた手術療法、放射線療法、化学療法のがんの三大治療法に次ぐ、新たな第四の治療法として注目されています。

 

緩和ケア

がんの末期や手術や化学的な療法を望まない方で、緩和ケアを選ばれる方も増えています。

緩和ケア病棟や在宅で、痛みを感じさせなくするモルヒネなどの薬を適宜投与して、がん特有の痛みを抑えながら、最後の時間をできる限り自然な状態で過ごすという治療法です。