脳卒中ってどんな病気?

3種類の脳卒中の症状を知ろう

脳卒中は正式な病名ではない

脳卒中は日本人の死因ベスト3に入る病気ですが、実は脳卒中という病名があるわけではありません。

脳卒中は脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血の3種類の脳疾患の総称です。

脳梗塞は、脳へ血液を送る血管が詰まり、酸素やブドウ糖が行き渡らなくなって脳細胞が壊死してしまう病気です。

脳出血は、脳の中で細い血管が破れてしまう病気。

くも膜下出血は、脳の太い血管の一部が膨らんでコブ状になった動脈瘤が破裂し、脳の表面に出血が広がる恐ろしいものです。

いずれも、突然意識を失って倒れたり、激しい頭痛や吐き気、めまいに襲われたりします。

足がもつれ、手足がしびれることもあります。視覚野に影響が出る場合には、ものが二重に見える、あるいは見えにくいといった症状として現れることもあります。

さらに詳しくみてみましょう。

 

脳梗塞と脳出血の代表的な症状

脳梗塞と脳出血で、最も多くみられる症状は片麻痺です。

顔の右半分か左半分、片方の手や足が突然に動かなくなります。

同じ部位の感覚が鈍くなったり、しびれが生じるケースも少なくありません。

両側の指先が徐々にしびれたり、時々しびれる程度では脳卒中の症状とはいえませんが、突然手に持とうとしたコップを落とす、などの症状が見られれば要注意です。

次に多いのが言語障害で、突然ろれつが回らなくなったり、思うように言葉が出なくなるほか、相手の言葉が理解できなくなります。

そのほかにも、手足の麻痺は起こっていないのに、急に足元がふらついて、立ったり歩いたりができなくなる失調が起こることもあります。

眼の症状が出る方もいて、突然片眼の視力が失われたり、視野の一部が欠け、物が二重に見えることもあるので、注意が必要です。

こうした症状に加えて、意識状態の悪化が生じることも少なくありません。

軽度の場合は何となくぼんやりしている程度ですが、重症に至ると強く呼びかけたりつねったりしても、眼を閉じたままで反応が失われます。

くも膜下出血の代表的な症状

これまで経験したことのない激しい頭痛が起こります。

重症の場合は意識障害も生じるのが特徴です。

頭痛の強さは発症時にピークに達し、その後も痛みは持続するほか、頭痛と同時に嘔吐することも少なくありません。

最近よく頭が痛くなるなど、徐々に起こるのではなく、急激に激痛が発生します。

なお、脳出血の場合も頭痛を伴うことがありますが、くも膜下出血の特徴は、片麻痺や言語障害、失調、視覚障害などを伴うところにあります。

すぐに救急車を

いずれの症状にしても脳卒中が疑われる場合は、一刻も早く専門医に診てもらうことが大切です。

対応が遅れれば、死に至り、命を取り留めても麻痺や言語障害が残るなど、重い後遺症に苦しみます。

おかしいなと思ったら、直ちに救急車を手配しましょう。

 

病気の種類によって異なる脳梗塞の治療法

治療の種類はそれぞれ異なる

脳卒中は正式な病名ではなく、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称です。

そのため脳卒中の治療方法は、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血それぞれで使用する薬や手術方法などが異なります。

 

脳梗塞の治療について

脳梗塞の発症から45時間を超急性期と呼んでいます。

発症後の早い段階で詰まった血管を再開通できれば、症状が劇的に改善する可能性は高まります。

超急性期の段階ではt-PAと呼ばれる血栓を溶かす薬を静脈に注射し、血管を塞いでいる血の塊を溶かす治療法が一般的です。

次に血管内治療が行われることが少なくありません。

詰まっている血管までカテーテルを通し、血の塊を削り取ったり、吸引して開通させたりする治療法です。

発症から24時間以内で内頸動脈または中大脳動脈水平部と呼ばれる太い血管が詰まっている場合には、t-PA治療に引き続き、カテーテルによる血管内治療を実施することで、後遺症を抑えられることが報告されています。

 

脳梗塞急性期からの治療

脳梗塞が起こってから48時間以内では、血が固まるのを抑制する抗凝固薬が投与されるのが一般的です。

さらに発症して12週間の急性期は、点滴による治療が実施されます。

血液をサラサラにする抗血小板薬や抗凝固薬、脳保護剤を点滴で、継続的に入れていく治療法です。

運動障害や言語障害が出ている場合には、早期にリハビリテーション治療も開始されます。

なお、発症から1ヶ月ほど経過した慢性期に入り、大きな血管が閉塞したり狭窄していたりする場合には、頸動脈内膜切除術(CEA)やステント留置術、バイパス手術などの外科的療法が実施される場合もあります。

脳出血の治療について

脳出血は原因が高血圧のケースが多いため、血圧を下げる薬が投与されます。

出血を止めるための止血剤が投与されることも少なくありません。

脳出血によって脳が圧迫されるため、浮腫をとるための抗浮腫剤も投与されるのが一般的です。

出血量が多い場合には命にかかわるケースもあるため、外科的療法として、頭の骨を外して血の塊を取り除く手術が行われることもあります。

くも膜下出血の治療について 

脳の血管にできたコブが破裂して出血する症状であるため、破裂した部位を塞ぐ手術をしなければなりません。

手術の方法は開頭クリッピング術と、血管内コイル塞栓術(動脈瘤塞栓術)の2通りがあります。

開頭クリッピング術は頭の骨を外して、コブの根元を洗濯ばさみのようなクリップではさんで塞ぐ手術です。

血管内コイル塞栓術(動脈瘤塞栓術)はコブの中に細い金属のコイルを入れて塞ぐ方法です。

カテーテルを血管に通してコイルを患部まで運ぶ方法であるため、頭の骨を外して開頭手術をすることはありません。

脳卒中の治療に必要な保障額の目安を考えてみよう

脳卒中による手術や入院で必要となる費用

脳卒中には大きく3種類がありますが、もっとも発症率が多く脳卒中の死亡原因1位となっている脳梗塞では手術や入院などの費用として約140万円、次に多い脳出血では約214万円が平均的な金額となっています。

ただし、健康保険が適用されるので、3割負担であれば、病院の窓口で支払うのは72万円~64万円程となります。

また、高額療養費制度の申請をすることで1月あたりの上限額を超えた分が払い戻されるので、実際の負担額は収入によって異なりますが、1か月間の医療費は最大でも26万円程度となるでしょう。

しかしながら、実際にはそれだけでは済みません。

高額療養費制度の払い戻しには差額ベッド代は対象外となるため、注意が必要です。

たとえば、差額ベッド代が110,000円かかる個室で2週間過ごしたとすれば、14万円の自己負担額が発生します。

脳卒中は死亡リスクも高い病気なので、見舞いや身の周りの世話に家族が毎日のように病院に通えば、交通費などもかさむでしょう。

他の病気よりも入院期間が長期に

さらに脳卒中の入院期間は、他の病気に比べて長くなる傾向があり、厚生労働省の調査によると平均90日近くにもなります。脳卒中は後遺症に苦しむことも多く、自宅に戻り職場復帰するためには、リハビリが必要となるケースが多いです。術後のリハビリ期間も長く、半年近くかかってしまうのが一般的です。

入院期間やリハビリ期間が長期化すれば、その分費用も多くかかってしまいます。

退院後に車いすが必要になったり、介護ベッドが必要になれば、その費用も必要となります。

リハビリのための入院

高次脳機能障害が残った重症脳血管障害の場合は180日ほどの入院が必要となり、退院後も在宅で訪問看護や訪問介護などのサービスが必要になるケースも少なくありません。

介護保険制度が適用され、介護認定を受けられれば、介護費用は1割の自己負担で済みます。

ただし、40歳未満の場合はそもそも介護保険制度に加入していないので、障害認定などを受けない限りは全額自己負担となるので注意が必要です。

入院だけでなく介護費用や生活資金も保障で備えたい

治療のための入院やリハビリのための入院に加えて、在宅介護も必要となることを想定すれば、脳卒中による必要保障額はかなり高額になります。

この点、入院中も家賃の支払いや住宅ローンの返済、家族の生活費が必要ですし、在宅介護が必要な場合には介護費用に加え、ご自身と家族の生活費、住宅の介護リフォーム費用なども必要です。

会社勤めの方なら給与の6割程度の傷病手当金が最大1年半にわたり受けられますが、会社を退職している方や自営業者は自己負担額が大きくなります。

脳卒中になって生命保険に入れる?

生命保険の基本原則

脳卒中になった方が生命保険に加入するのは、発症した時期や、現在の症状にもよりますが、基本的には難しいところです。

それは生命保険の基本原則が大きく影響しているからです。

生命保険は契約者が少しずつ保険料を出し合うことで、そのうちの誰かに万が一のことがあった場合に大きな死亡保険金を支払って、遺族の生活をサポートする相互扶助の仕組みで成り立っています。

相互扶助の仕組みが成り立つためには、お互いが平等でなくてはなりません。

死亡リスクが高い人がわずかな保険料の支払いだけで、大きな死亡保険金を受け取るとすれば、健康な他の加入者からみれば不公平となります。

そのため、基本的には脳卒中などの既往症がある方は、生命保険には入れません。

告知の範囲

生命保険では健康状態を診査するために、過去の病歴や現在の治療歴などの自己申告が求められます。

基本的な生命保険では過去5年以内の手術や入院歴、現在の持病や通院、投薬治療の状態などの申告が必要です。

この点、脳卒中の場合、手術や入院をしたのが5年より前であったとしても、再発予防のために血液をサラサラにする薬などの投薬を受け、引き続き通院中の方も少なくありません。

また後遺症があり、リハビリをされている方、寝たきりになってしまうケースもあり、こうしたケースも加入が難しくなります。

引受基準緩和型や特別条件付きでの加入

症状によっては特別条件付きで生命保険に加入できる場合がありますが、その方の症状によって保険料が大幅に高くなったり、脳卒中に起因する死亡は支払いの対象外で、その他の病気やケガによる死亡のみ支払い対象など厳しい条件がつくこともあります。

そこで近年、脳卒中をはじめ、生活習慣病になる方が増え、こうした方たちのニーズを満たすために「引受基準緩和型」の生命保険も誕生しています。

引受基準緩和型の生命保険とは生命保険の加入にあたっての健康状況の自己申告いただく内容をかなり簡略化させ、持病がある方でも加入しやすい生命保険です。そのかわり、健康な方より高い保険料を払う必要があります。

高い保険料とはいっても、通常の生命保険に加入する際に保険料が大幅に高くさせられてしまったり、脳卒中に起因する死亡は支払いの対象外で、その他の病気やケガによる死亡のみ支払い対象など厳しい条件がついてしまう場合と比べたら、結果的に安くて充実した保障内容となることも多いです。

引受基準緩和型でも常に入れるわけではない

とはいっても、引受基準緩和型の生命保険も必ず入れるわけではありません。

たとえば、〇年以内に脳卒中での手術や入院をしていないことなどの条件が設けられるのが一般的です。また、直近で手術や入院歴がなくても、後遺症で介護認定などを受けていると加入できない場合もあります。

生命保険会社や商品によって条件や診査が異なるため、状態に合わせて入れる保険があるか確認することが大切です。

脳卒中になった後で生命保険に入りたいなら

加入の目的を明確にしよう

脳卒中になった後に生命保険に入りたいと考えても、健康な方と異なり入れないケースや、加入条件や支払条件が厳しくなるケース、保険料が健康な方より高くなるケースなどがあります。

脳卒中の病歴がある以上、そうでない方より死亡リスクが高まるためです。

そのため、何を目的に生命保険に入りたいのか、自分なりに整理しましょう。

脳卒中やその合併症などによる死亡も含めて保険金を得たいのか、脳卒中以外の病気やケガで死亡した際に保険金が支払われればいいのかを考えます。

また、払い込んだ保険料より大きな死亡保障を得たいニーズがあるのか、相続対策のためかなども検討しましょう。

一時払いなら比較的スムーズ 

一時払いの死亡保険の場合、脳卒中になってからでも比較的入りやすいです。

一時払いは保険料を一括で払い込む貯蓄型の生命保険になります。

たとえば、100万円の保険料を払い込み、死亡保障として120万円が得られるといった商品です。

この点、脳卒中に起因する死亡の場合は払い込んだ100万円のみ、それ以外の病気やケガが原因の場合は120万円の保険金が得られるケースもあります。

脳卒中の場合は払い込んだ保険料と同額のため、他の健康な契約者との公平性も保たれます。

そのため、告知のみでも加入できるなど、入りやすいのが利点です。

現金で残さず死亡保険金を受け取るメリット

この点、脳卒中による死亡では、払い込んだ保険料と同額の保険金しか得られないなら、わざわざ加入する意味がないのではと思われるかもしれません。

しかしながら、相続対策としては活用できます。

現金と異なり、死亡保険金には一定の非課税枠があるので、相続税の節税になります。

また、現金を残して遺産分割させる場合と異なり、受取人に指定した人に対して確実に財産を承継することが可能です。

相続放棄をしても、保険金を受け取る権利は消滅しないからです。

法定相続人には該当しない孫を受取人に指定して、孫に一部の財産を与えることもできます。

定期保険は加入条件や支払条件を要チェック 

掛け捨ての定期保険は加入する方にとっては気軽ですが、保険会社にとってはリスクがあります。

掛け捨ての定期保険とは、たとえば、1,000万円の保険金を得るために5,000円の保険料を支払って契約し、その翌日にケガや突然の病気で死亡したとしても、1,000万円が支払われる保障になるからです。

そのため、保険会社は加入の翌日に支払うリスクを抑える条件を追加しているのです。

既に脳卒中の病歴があり、健康な方より死亡リスクが高い方は、保険料が高くなる、支払われるまでの制限期間がある、脳卒中に起因する死亡では支払いが受けられないなどの条件がつく場合がありますので、ニーズに合った保障が受けられるか、よく検討する必要があります。

脳卒中になってしまったら医療保険に加入することはできる?

三大疾病のうちの一つ・脳卒中

脳卒中は、脳内にある血管が破れたり詰まったりする病気であり、主に脳出血や脳梗塞、くも膜下出血が挙げられます。

この脳卒中は三大疾病のうちの一つとしても数えられ、死へ直結することも多い病気です。

そのため万が一に備えて、医療保険に入った上に三大疾病特約をオプションとして追加加入されている方も少なくありません。

しかし、医療保険にまだ加入されていない方のうち、脳卒中にかかってから医療保険への加入を検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的に既述の通り脳卒中は死に直結するリスクがある上に、脳卒中は再発のリスクや後遺症となりやすい病気であるために、どの保険会社であっても通常の保険に加入することは非常に難しい病です。

いざ加入しようと思っても、告知した時点で断られてしまう可能性があります。

脳卒中を患っていても加入できる保険はある?

脳卒中を患い万が一に備えておきたいという方にとって、どの医療保険にも入ることができないとなると、不安を覚えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、大丈夫です。各保険会社から現在脳卒中になった方も安心して加入できる保険があります。それを引受基準緩和型保険といいます。

引受基準緩和型保険とは

引受基準緩和型の医療保険は、健康状態に関する告知項目が緩くなっている保険ですので、脳卒中などといった持病のある方も入りやすいというのが特徴です。

一方でデメリットもあり、通常の保険に比べて保険料が高めになっていることや、保険会社によっては保障金額も減額になるなどあらゆる制限がかかっていることが多いのです。

これらの条件は各保険会社によっても異なるので、しっかり確認されてから検討されることをおすすめします。

まとめ

いずれにしても、脳卒中になった後に、生命保険・医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる医療保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。