糖尿病

糖尿病の2つのタイプ

糖尿病には2種類ある

糖尿病はインスリンの働きが悪くなり、血糖値が上昇してしまう病気です。

糖尿病というと生活習慣病というイメージがあり、食生活の乱れや運動不足が原因で起こると思われがちですが、実際には糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあり、1型糖尿病、2型糖尿病に分類されます。

1型糖尿病とは

膵臓でインスリンを生成するβ細胞が壊され、インスリンを出す力が弱まったり、インスリンが出なくなったりします。未だその原因は解明されていません。

インスリンが不足した状態となるので、定期的に糖分を摂取し、ご自身で注射器を持ち歩いてインスリン注射をしなくてはなりません。

糖分が切れるとふらふらし、意識を失って倒れてしまうこともあるので注意が必要です。

糖分を摂取するとすぐに回復し、入院するまでに重篤な症状に陥ることは稀ですが、自分の症状を自覚して、糖分が切れないようにする意識が求められます。

2型糖尿病とは 

2型糖尿病もインスリンが出にくくなったり、インスリンが効きにくくなったりすることで血糖値が高くなる病気です。

1型糖尿病とは原因が異なり、遺伝的な影響をはじめ、脂肪分が多い食事やお酒などの食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足、肥満など、いわゆる生活習慣の乱れで起こる病気です。

食生活や運動習慣の見直しを図ることで改善が望めますが、症状が重い場合には飲み薬や注射などが必要になります。

気をつけたい主な症状

糖尿病は自分では症状に気づきにくく、かなり血糖値が高くなってから症状が現れるので、健康診断などの血糖値の指摘などを真摯に受け止めることが必要です。

高血糖状態になると、喉が渇きやすくなり、水をよく飲むなどの症状が出てきます。

やたらと水を欲したり、喉が渇きやすくなったりしたら要注意です。

水分を大量にとるようになるので尿の回数が増加します。

インスリンが適切に働かなくなったことで、尿にあふれた糖分が尿とともに体外へと排出されてしまいます。

身体のエネルギー源である糖分が、どんどん尿とともに出ていってしまうので疲れやすくなり、踏ん張りが効かなくなります。

そのため、ふらふらして、駅で倒れて、プラットフォームの下に落ちそうになったとか、階段を踏み外してケガをしたなどのケースもあるので、注意が必要です。

血糖値が高くなると意識障害を起こすこともあります。

糖分がどんどん流れだし、尿の量も増えるので、体重が減る方も少なくありません。

特に1型糖尿病でガリガリに痩せてしまう方も多く、2型糖尿病の初期の方の肥満状態とは大きな差が見られます。

 

 

糖尿病の治療法の3本柱とは

糖尿病治療の3つの柱とは

糖尿病にはインスリンが不足する1型糖尿病と、生活習慣病と呼ばれる2型糖尿病があります。

原因や症状に違いがあるため、内容は少し異なりますが、いずれのタイプでも治療の3本柱となるのは、食事療法・運動療法・薬物療法です。

食事療法について 

これまでの食事内容を記録してもらい、食生活のどこに問題があるかをチェックします。

摂取エネルギーの過剰をはじめ、脂肪の取り過ぎなどを確認し、一人ひとりの症状やライフスタイルを踏まえて、規則正しい適切な食習慣に見直せるよう、食事指導などが行われます。

適切な食事療法を行うことで、血糖値や脂質の値を低下させることが治療の目的です。

運動療法について 

運動不足になると筋肉や骨格筋が減少する一方で、脂肪細胞の増大がもたらされます。

これによって血糖値を下げるインスリンの抵抗性が助長されてしまい、体内の血糖の処理を妨げることにつながります。

運動療法の目的は血糖を下げるためだけではなく、インスリン抵抗性を軽減し、糖尿病の進行や合併症を予防することです。

なかでも2型糖尿病患者や、肥満度が高い患者の治療にあたっては、体内の過剰脂肪を減らすことが不可欠になります。

体脂肪を減少させるためには、食事療法によって摂取エネルギー量を減らすだけでは非効率であり、なかなかうまくいきません。

そこで、摂取エネルギーを抑える食事療法に加えて、運動療法をすることで消費エネルギーを増やし、筋肉量を増やし、脂肪が燃焼しやすい身体を作ることができます。

体脂肪を減少させるには身体に十分に酸素を取り入れながら行う有酸素運動がおすすめで、無理のないウォーキングやサイクリングなど、少なくとも115分から30分、忙しい方でも、週3回程度は行いたいものです。

薬物治療について 

1型糖尿病では、インスリン分泌細胞である膵臓のβ細胞が破壊されてしまい、インスリンが不足してしまうため、治療にあたってはインスリン注射が不可欠です。

これに対して2型糖尿病では、食事療法と運動療法が基本で、インスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の両方が原因している場合などにおいては薬物療法が追加されます。

薬物療法には、以下のようなものがあります。

・食事による血糖値の上昇を抑えるαグルコシダーゼ阻害薬

・服薬すると速やかにインスリン分泌が促進される速効型インスリン分泌促進薬

・膵臓のβ細胞からのインスリン分泌能はそれなりに保たれているけれども、食事療法や運動療法だけでは十分な血糖が得られない場合に用いられるスルホニル尿素薬

・肝臓での糖新生の抑制や消化管からの糖吸収の抑制、筋肉や脂肪組織におけるインスリン感受性改善といった効能があるビグアナイド薬

糖尿病の治療費

現代の日本ではだれでもかかりうる糖尿病

糖尿病は誰もが患ってしまう可能性のあるものです。

そのため、糖尿病になったらどのくらいの治療費が必要になるのか、考えておく必要があります。

それほど重度の糖尿病でない限りは、ある程度コントロールが可能になってきますので、計画的に治療費を捻出していけばそこまで家計に与える衝撃は大きくありません。

糖尿病の治療費は、糖尿病の段階によって大きく異なってきますので、段階ごとに把握することが重要になってきます。

糖尿病の治療費は人によって違う

糖尿病と一言でいっても、人それぞれ症状がまったく異なってきます。

そのため、糖尿病の治療費についても症状によって異なってきます。

糖尿病予備軍も含めれば、治療費や治療方法は千差万別といえますので、それぞれに合致した治療費を模索する必要があります。

糖尿病の治療費について

糖尿病の治療費について考える場合には、まず投薬なしのケースが考えられます。

投薬治療をしない場合は、食事改善や運動療法によって治療していくことになります。

そのため、薬代については考える必要はありません。

ただし、糖尿病の状態を検診や、運動療法や食事改善について指導してもらう必要があるため、定期的に病院に訪れることになることには変わりなく、だいたい月に1万円前後は必要になってくることが多いです。

次に考えられるのが投薬治療をする方法です。

この場合は、上記の料金に加えて、薬代が必要になってきます。

しかし、薬代といっても、一般的な糖尿病の治療には高額の薬が使われることはないので、月に1万円前後で収まることが多いです。ただし、薬の種類についても料金は変わってくるので、あくまでも目安になります。

糖尿病が進んでくるとインスリンを注射しなければならない可能性があります。

インスリン療法をするような場合には、月に2万円以上かかってくることが多く、それなりの負担を覚悟する必要があります。

合併症が発生している場合はさらにお金がかかることもある

糖尿病で怖いのが、合併症です。

視力に何らかの異常をきたしたり、さまざまな合併症を発生する可能性があるのが糖尿病です。

ある程度まで進んでしまうと、非常に怖い病気になってしまうので、注意が必要です。

そして、合併症が発生するような段階になってしまうと、治療費の予測はしにくくなります。

それぞれの症状に治療費が発生するので、かなりの金額になってしまうことが多いです。

 

 

糖尿病の治療に必要な保障額を考えよう

糖尿病で入院が必要になるケース

糖尿病の治療の基本は2型の場合は生活習慣を改めること、1型の場合はこれに加えてインスリン注射などが行われます。

また、血糖値に加えて血圧が高い、コレステロール値が高いなどの場合は、降圧剤や血液をサラサラにする薬などが投与される場合もあります。

基本的には在宅による治療となりますが、症状が悪化して合併症などを併発した場合や、血糖値がなかなか改善されずに血糖コントロールを図るための入院が必要になることもあるでしょう。

また、1型の場合、血糖値が急激に下がって倒れ緊急搬送された結果大事をとって入院や、検査入院が必要となることがあります。

糖尿病による入院にはいくら必要?

生命保険文化センターによる調査によると、高額医療費制度なども利用したうえで1日あたりの入院の自己負担額は令和元年度で23,300円です。

継続的に調査が行われていますが、入院の自己負担額は上昇傾向をたどり続けています。

糖尿病の平均的な入院期間は症状によって異なってきます。

・血糖コントロールのための入院は、良好に推移したとしても7日程度かかりますので、16万円ほどの費用が必要になります。

・生活習慣を改善するための糖尿病の教育入院は14日が目安となるため、32万円ほどかかる計算になります。

・合併症のケースは状態により異なりますが、平均すると14日程度が目安で32万円ほどかかる計算になります。

医療保険や医療特約では入院日額をいくらに設定するか考える必要があります。

この点、平均自己負担額の23,300円を全額保障で準備しようとなれば、保険料がかなり高くなってしまいます。

糖尿病で入院する確率が100%あるわけではありませんから、入院確率と保険料負担の関係を考え、その半額である日額10,000円を保障でカバーできると安心です。

糖尿病の重症化に備えて

糖尿病では悪化すると失明したり、手足の先が壊死して手術により切断しなくてはいけなくなるケースもあります。

重症化に備えて、五大疾病特約や特定重度生活習慣病保険などに加入して、保障を受ける体制を整えておくと安心です。

保険会社によって保障内容や支払い条件は異なりますが、たとえば、糖尿病により6ヶ月以上インスリン治療を継続するなど、一定の病状に至ったときに保険金を受け取ることができます。

保険金額は一時払いとなり、保険会社や商品内容によって100万円から1000万円などの設定ができますが、もちろん、保障額が高くなるほど保険料は高くなります。

また、糖尿病になる前に加入するなど、リスクに備えた準備が必要です。

糖尿病で治療中の方が生命保険に加入するには

そもそも入れるかを確認しよう

生命保険は死亡時に生命保険金が、契約者があらかじめ指定した受取人に支払われる保障です。そのため、死亡リスクの高い方は入れないのが通例で、契約にあたっては健康状態を確認されます。

原則として過去5年内になんらかの疾病と診断され、通院や入院、手術などの履歴があると加入ができません。

もっとも、近年は糖尿病をはじめ、生活習慣病の人工方が増加傾向にあり、生活習慣病の方が入れないとなると、中高年を中心に保険に入れなくなる人が続出傾向にあります。

そこで、各保険会社では引受基準緩和型と呼ばれる保険を販売するようになりました。

健康な方より保険料を高めに設定したり、支払に一定の条件や制限などを付すことで病歴のある方でも入れる保険です。

もっとも、各社各様ですので、自分の症状や病歴で入れるかどうか、よく調べなくてはなりません。

種類や症状によっても異なる 

糖尿病には1型と2型があります。

いずれも、合併症のリスクや症状が悪化すれば失明や身体の壊死に繋がり、死亡リスクも高い病気の一つです。

もっとも、2型は生活習慣病に分類されることから、生活習慣の改善で症状が軽減されたり、血糖値を安定的にコントロールすることも可能です。

これに対して1型はインスリン注射が不可欠で、血糖値が下がると卒倒するケースも少なくありません。

糖尿病に起因する死亡リスクに加えて、倒れて頭を打ったり、駅のホームなどに転落して死亡する事例も少なくないことから、2型よりも引き受け基準が厳しくなる場合があります。

診査方法を確認

病歴などの告知のみで入れるのか、職場や地域で受けた健康診断書や人間ドックの結果表の提出が必要なのか、契約にあたって改めて保険会社の診査センターや社医による健康診断を受ける必要があるかを確認しましょう。

告知のほうが簡単に思えるかもしれませんが、現在の健康状態がより明確に分かる健康診断書の提出のほうが、引き受け基準が緩和されたり、ニーズに合った生命保険額を確保できるケースもあります。

保険料を確認

保険料が健康な方に比べてどの程度高くなるのか、高い保険料を支払って自分が必要な保障を得られるのか、よく確認しましょう。

高い保険料を払ったのに支払に制約があるなど、ニーズを満たさない場合もあります。

加入後や受取人が請求する際に、考えていたのとは違ったということにならないよう、契約条項や重要事項説明書を契約前にチェックしたり、問い合わせするなどして詳細を確認しましょう。

 

糖尿病になっても入れる医療保険はある?

糖尿病に特化した生命保険がある

なかには糖尿病になった人に特化した生命保険も存在します。

それがエクセルエイド少額短期保険の「糖尿病保険」。

引受基準は糖尿病の程度によって異なりますが、大まかに以下の通りになります。

1型糖尿病:インスリン投与、インスリンポンプ装着のため、入院・手術した場合でも、退院日の翌日から3か月経過すれば申し込み可能。

2型糖尿病:加入前から患っている糖尿病、糖尿病特異な合併症(神経障害・網膜症・腎症等)があっても申し込み可能

妊娠糖尿病:妊娠判明後、糖尿病であっても、妊娠中、いつでも申し込み可能。

 

診断するのも面倒な人、診断してもやはり加入できなそうな人については、エクセルエイド少額短期保険の糖尿病保険への申し込みをご検討ください。

 

かつては入れなかったけれど

医療保険は病気やケガをした時に、入院や手術、通院などに対して給付金が受け取れる保険です。

わずかな保険料の支払いでも、一定の保障を受けられるのは、契約者が出し合っている保険料を必要が生じた人のために活用できる、相互扶助の仕組みがあるからです。

入院など給付金を受け取るリスクが高い人が入るのは、ほかの契約者に不公平をもたらします。

そのため、糖尿病の持病がある方は医療保険には入れないのが以前までの慣例でした。

引き受け基準緩和保険の登場

通常の医療保険では5年以内に入院や手術歴のある人や、一定の病気に診断された人は入れません。

しかし不規則な生活や乱れた食生活、運動不足などで生活習慣病になる人が増え、この基準を貫いていくと、保険に入れない人のほうが多い状況になってきたのです。

これでは保険会社としても収入が得られず、やっていけません。

加入できる人を増やそうと環境の変化や時代のニーズに応じて生み出されたのが、引き受け基準緩和保険です。

これによって、糖尿病の持病がある人でも、2年以内に入院歴がないなど、一定の条件をクリアすれば、加入できるようになりました。

保険料の割り増しなどがある 

加入できるといっても、健康な人との公平性は保たなくてはなりません。

糖尿病の持病がある以上、健康な人と比べると入院して手術をするリスクが高く、給付金を受け取る確率が高くなります。

そこで、リスクが高い分、保険料を健康な人より割り増しすることで公平を保っている保険会社や保険商品が多くなっています。

 

 

糖尿病になっても保険に入る方法は?

加入できる条件を確認

糖尿病と診断された方が、どのような条件なら加入できるか確認しましょう。

直近〇ヶ月ないし〇年以内に入院や手術の履歴がない、血糖値や血圧が一定基準以下などの条件が設けられていることがあります。

支払条件を確認

加入できても、希望するケースで保障を得られないのでは目的が達成されません。

どのような条件で支払われ、どのようなときは支払われないか、特別な制限はないかなどを丁寧に確認しましょう。

糖尿病や合併症以外の病気とケガのみが支払い対象であるのか、糖尿病関連でも支払の対象となるのか、加入後、一定の支払い制限期間があるのかをよく確認します。

なお、契約後、診査の結果が出て、一定の支払い制約が付されることがあります。

この場合、条件に合意できなければ、契約を無効にすることも可能です。

保険料を確認 

引き受け基準緩和型や特別な条件付きで通常の保険に加入できる場合、同じ年齢、性別の健康な人の保険料に比べて高くなるのが一般的です。

高い保険料を支払っても、糖尿病をはじめとする病気による入院や手術で納得のいく保障が得られるのであれば、加入したほうが有利です。

これに対して、保険料が高いうえ、支払額にも制約を受けるなどの場合、保険そして備えるか、貯金で賄えるか検討したほうがいいでしょう。

 

診査方法を確認

もっとも簡便なのは、書類で質問項目に答えるだけの告知です。

職場で行っている健康診断の結果を提出する方法や、診査を行う専門のスタッフと面談を受ける方法、保険会社の診査センターやクリニックなどで健康診断を受ける方法があります。

より詳しい健康診断のデータを提供することで、加入が認められやすくなったり、支払い条件が緩和されるケースもあります。

 

いずれにしても、糖尿病になった後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

 

糖尿病に特化した医療保険がある

なかには糖尿病になった人に特化した医療保険も存在します。

それがエクセルエイド少額短期保険の「糖尿病保険」。

引受基準は糖尿病の程度によって異なりますが、大まかに以下の通りになります。

1型糖尿病:インスリン投与、インスリンポンプ装着のため、入院・手術した場合でも、退院日の翌日から3か月経過すれば申し込み可能。

2型糖尿病:加入前から患っている糖尿病、糖尿病特異な合併症(神経障害・網膜症・腎症等)があっても申し込み可能

妊娠糖尿病:妊娠判明後、糖尿病であっても、妊娠中、いつでも申し込み可能。

 

診断するのも面倒な人、診断してもやはり加入できなそうな人については、エクセルエイド少額短期保険の糖尿病保険への申し込みをご検討ください。

まとめ

いずれにしても、糖尿病になった後に、がん保険・医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。