心筋梗塞とは

心筋梗塞ってどんな病気?

心筋梗塞とは

心筋梗塞とは心臓の心筋が酸素不足に陥って壊死する病気です。

心筋を取り巻く冠動脈は、心臓に血液と酸素を送っています。

不規則な生活や暴飲暴食、ストレスやたばこ、飲酒といった生活習慣の乱れなどにより、冠動脈が動脈硬化を起こして硬くなり、コレステロールなどが沈着すると血液の通り道が塞がれてしまいます。

すると、心筋に血液を送れなくなり、酸素不足となって心筋細胞が壊死を起こしてしまうのです。

心筋梗塞が生じると、突然激しい胸の痛みに襲われるだけでなく、突然死する恐れもあるので注意しなくてはなりません。

主な症状

心筋梗塞では、激しい痛みが20分以上続くことが少なくありません。

身体を休めるなど安静にしても、激しい胸の痛みが20分以上続きます。

突然、左胸部や左肩や、首や下あご、みぞおちが締め付けられるような痛みが生じ、胸が押しつぶされるような苦しさを感じます。

実際に経験した方の表現を借りれば、胸を潰されたような痛みとか、えぐられるような痛みと証言されるほどの激しい苦しみに襲われるのが特徴です。

痛みを感じる場所は、主に胸の中央部から胸全体にかけてです。

重圧感や圧迫感、締め付けられるような感覚を伴います。

ときには背中や上腹部、左の腕の内側などが痛むことがあり、稀に首や顎に痛みが出る方もいます。

呼吸が苦しく、冷や汗や脂汗が出る場合も多いほか、吐き気を訴える方も少なくありません。

心筋梗塞を発症すると、心臓に酸素が通わなくなるため、顔面が蒼白となります。

脱力感を覚えたり、動悸やめまいが生じ、中には失神したり、ショック症状を発症することもあります。

発作が引いた後が危険 

心筋梗塞では、激しい痛みが20分以上続くのが基本的な症状と説明しましたが、発作後、数時間経つと痛みが引いていきます。

これは発作が静まって改善に向かっているわけではありません。

心臓の壊死が始まり、痛みの感覚がなくなってきているのです。

心筋梗塞は発作と同時に細胞の壊死が始まり、心不全を起こす恐ろしい病気になります。

壊死の範囲が広がるにつれ、呼吸困難や血圧低下、意識障害に陥り、死にさえ至る病気です。

発作が治まったからと油断することなく、胸部に激しい痛みを感じた時には一刻も早く救急車を呼ぶなどして専門医に診てもらってください。

症状が出やすい時 

心筋梗塞の原因となるのは生活習慣の乱れなどですが、発作症状が起こりやすいのは、心臓に負担がかかるような行動をとったときです。

運動をしたり、心理的なストレスを受けたり、急に寒いところに出た際のヒートショックで症状が出ることがあるので注意しましょう。

 

心筋梗塞の治療方法とは

心筋梗塞の治療 

心筋梗塞の治療は再灌流(さいかんりゅう)療法という、閉塞した血管を再び開通させる治療をベースにして、カテーテルを用いた治療が実施されるのが一般的です。

カテーテルの補完としてステント治療が行われることもあります。

これらの治療法では上手くいかない場合や、梗塞が起きた場所がカテーテルに適さない場合にはバイパス手術にて血流を改善させる選択がなされます。

心筋梗塞は発症後6時間以内の処置によって生死が分かれるため、発症から6時間以内に血流を再開できるかが瀬戸際となる、スピードが問われる治療になります。

再灌流療法とは

再灌流療法はスピードと正確性が勝負であり、上手くいけば血液の供給を再開できます。

突然死を回避し、後遺症などをなるべく抑えることが可能です。

血液の供給が早急に回復すれば、閉塞により心筋が壊死するのを回避することができるのです。

カテーテルによる治療

カテーテルは再灌流療法の一つです。

カテーテルとは2mm程度の細い管状の医療器具のことです。

心臓を取り囲むように巡っている冠動脈の根元までカテーテルを挿入し、詰まっている部分や細くなっている部分を把握できたら、風船がついたバルーンカテーテルを通します。

バルーンを膨らませて血栓を砕き、血流を回復させる方法です。

バルーンカテーテルによる治療法は、経皮的冠動脈形成術と呼ばれています。 

ステント治療

バルーンカテーテル治療では血管を十分に広げられないケースや、血管の内側を被う内膜が傷ついている場合などには、ステントと呼ばれる方法で対処します。

人体には害のない網目状になった金属の筒を、冠動脈の狭くなったところへ配置する方法です。

血管を内側から支え広げるために開発された医療機器で、血管が再び詰まってしまう危険性も減らせます。

冠動脈バイパス術 

カテーテルやステント治療が適さない場合や功を奏さない場合には、冠動脈バイパス術が選択されるでしょう。

狭く詰まった冠動脈の先に、内胸動脈や胃大網動脈などをつなげる、高度な技術が必要な手術です。

元気な動脈をつなげることで、バイパスと呼ばれる血管の迂回路を作り上げる方法になります。

新しく形成されたバイパスから心臓に血液が流れるようになり、血流改善効果が持続します。

もっとも開胸手術ですので、身体的な負担が大きく、時間もかかります。

手術後の治療 

手術後も心筋梗塞が再発しないよう、脂肪過多の食事などで動脈硬化を引き起こさないように食生活に気を付けるとともに、血液がサラサラになる薬の処方が行われるケースが多いです。

もしも心筋梗塞になったら?治療費を知りたい!

心筋梗塞の治療が必要になったら、何に費用がかかる?

心筋梗塞では手術が必要になることが多いです。

程度の重さによって治療の内容が大きく異なり、年齢や所得によってかかる治療費も異なります。

心筋梗塞といっても、症状が比較的軽いものから重いもの、程度の幅があります。

心筋梗塞を発症した場合の治療費について解説します。

ケース別にみる、手術にかかる費用の違い

3つのパターンの心筋梗塞における手術で、どれくらいの費用がかかるのかをみてみましょう。

 

ペースメーカーを移植する場合

ペースメーカー移植の治療は、7日前後の入院が必要です。

69歳以下の3割負担のケースで約70万円、70歳以上の3割負担のケースで約12万円、70歳以上の2割負担もしくは1割負担のケースで約6万円弱が必要です。

 

両心室ペースメーカーを移植する場合

両心室ペースメーカーの移植の治療には、10日前後の入院が必要です。

69歳以下の3割負担のケースで約100万円、70歳以上の3割負担のケースで約12万円、70歳以上の2割負担もしくは1割負担のケースで約6万円弱が必要です。

 

血管移植やバイパス手術を行う場合

血管移植やバイパス手術には、14日前後の入院が必要です。

69歳以下の3割負担のケースで約80万円、70歳以上の3割負担のケースで約12万円、70歳以上の2割負担もしくは1割負担のケースで約6万円弱が必要です。

 

さらに高額な治療費になることもある

上記に示したものは、比較的シンプルな手術にかかる費用です。

複雑な手術を受ける場合は、200万円ほど費用が必要なことも考えられます。

また、退院後に通院することも考慮しなくてはなりません。

 

入院で見落としがちな費用

手術そのものの費用の他、入院をすれば細かい費用がかかってしまいます。

個室を利用する場合の差額ベッド代、食事代、付き添いの人の交通費などが大きいところです。

細かいところでは、病院のテレビ視聴料金や、着替えのクリーニング代なども必要となるケースが多いでしょう。

 高額療養費制度

心筋梗塞の治療は高額ですが、その負担を減らすための制度もあり、それが「高額療養費制度」と呼ばれるものです。

高額療養費制度を利用すれば、所得や年齢によって異なりますが、無理なく払える程度の額まで治療費の額が軽減できますが、食費や差額ベッド代などは別途発生します。

なお、入院中の食事に関しては、一般の人の標準負担額は1食あたり460円と決められています。

心筋梗塞の治療は、シンプルな手術でも高額です。万が一に備えておくことも大切です。

心筋梗塞の治療に必要な保障額の目安とは

心筋梗塞で入院するといくらかかる?

心筋梗塞は処置が遅ければ命を落とす病気であり、早期のカテーテル治療などが実施されなければ、深刻な後遺症も残る病気です。

心筋梗塞で救急搬送され、命をとりとめ入院が必要になった場合、いくらくらいの費用がかかるのでしょうか。

心筋梗塞の罹患率が高い30代から50代の男性の場合、平均して15日ほどの入院となります。

窓口で支払う必要がある医療費の自己負担額は、健康保険の適用を受けて3割として、平均して57万円ほどです。

高額療養費制度の申請をすれば、1ヶ月あたりの上限額を超えた分が払い戻されます。

年収500万円の人を想定した場合、高額療養費制度では月あたりの自己負担額は最大でも約8万円となるため、49万円程が返金してもらえます。


気を付けたいのは、高額医療費制度の払い戻し対象とはならない金額が発生した場合です。

入院中の食事代1460×13回分×15日分(=20,700円)をはじめ、個室などを希望した場合の差額ベッド代、入院中にタオルやおむつ、おやつや雑誌などを購入した諸雑費などもかかるからです。

差額ベッド代は部屋のグレードなどによって異なりますが、5,000円~10,000円程度が相場です。

調査データでは、差額ベッド代を約8,000円として15日間計算(120,000円)し、食事代(20,700円)などを含めて治療費とは別に約14万円が必要と算出されています。

つまり、払い戻し後の自己負担額(約8万円)とその他費用(約14万円)を合わせて、15日間で22万円が必要となるのです。

22万円を全額保障で補うとすれば、1日あたり約15,000円の入院日額が必要となるでしょう。

もちろん治療費を全額保障で補う必要はないので、ご自身にとって必要な保障はどのくらいか、その一方で万一に備えて貯蓄をどの程度していくかを考える必要があるでしょう。

退院後のリハビリや療養に備えて 

心筋梗塞で倒れると、退院できても直ぐに普通の生活に戻れたり、職場復帰できるとは限りません。

言語障害や半身麻痺などが生じて、介護が必要になったり、リハビリが必要となるケースもみられます。

介護が必要となる場合、介護保険制度の適用を受けて介護認定を受ければ、自己負担額は1割で済みますが、40歳未満の場合はまだ介護保険制度の対象外なので、すべて自己負担となる可能性が高いです。

リハビリの場合は健康保険が利いても、通院や在宅訪問によるリハビリのほか、リハビリ病棟に入院する方法もあり、費用がかかります。

何より、入院中や療養中の生活資金も必要となるので、休職しても傷病手当金が出ない自営業者やアルバイト、定年退職した方などは注意が必要です。

心筋梗塞による長期療養や介護に備え、三大疾病特約給付金として1年分の生活費にあたる300万円程を備えておくか、介護保障特約などで年間240万円程度の保障をあらかじめ備えておければ安心です。

心筋梗塞になってから生命保険を選ぶ手順を知ろう

心筋梗塞になり万が一のことが不安になった時の対処法 

心筋梗塞は症状が重い場合や処置が遅くなると、命を落とす重篤な病気です。

緊急手術など早期治療によって一命をとりとめた場合、死を間近に感じたり、死の不安がよぎり家族のためにも万が一に備えたくなるのではないでしょうか。

心筋梗塞の危機的状況を脱しても、後遺症に悩まされる方や介護が必要になる方もいます。

また、通常通り生活が送れるようになっても、食生活や生活習慣に気を付けて体調管理を行わないと、再び動脈硬化などを起こして心筋梗塞を起こすリスクが高いです。

この段階で家族のために死亡保障を備えたい、増額したいと思っても、難しいのが現実です。

もっとも、心筋梗塞になると、生命保険に加入する可能性がすべてなくなるわけではありません。

心筋梗塞になってから生命保険を選ぶ手順を、次の通りみてみましょう。

心筋梗塞になった時期と現在の状態の確認 

生命保険に加入するには生命保険各社で告知義務における、同じような内容の質問があります。

「過去5年以内に病気やケガで7日以上にわたり、医師の診察・検査・入院・手術・投薬などの治療を受けたことがありますか」といった項目と、「3ヶ月以内に医師の診断を受けたり、治療を受けたことがありますか。」といった項目です。

これに「いいえ」と回答できれば、加入できる可能性が高まります。

心筋梗塞で手術を受けたり、入院したのが5年より前で、現在はまったく通院も投薬も必要ないほど元気になっていて、他の健康状態にも問題がないなら、加入できる可能性があります。

引受基準緩和型の生命保険の検討 

もっとも、心筋梗塞を発症すると、それが5年より前であっても、心筋梗塞の再発予防のために定期的な通院や検査、血液をサラサラにする薬や降圧剤などの投薬治療を引き続き受けている方が多いです。

そうした方が生命保険に入るにはどうすればいいか、自分の状態でも入れる引受基準緩和型の生命保険を探すようにしましょう。

保険会社や保険商品により、心筋梗塞の病歴があっても、1年もしくは2年内に入院や手術をしておらず、現在の健康診断の数値などが安定していれば入れるケースがあるからです。

ただし、通常の生命保険に比べて、同額の保険金を得るために、健康な方より高い保険料を支払う必要があるのが一般的です。

また、心筋梗塞に起因する死亡では生命保険金が払われないなどの支払い制限が加わることも少なくありません。

自分のニーズに合った保障内容か、よく検討を行いましょう。

 

いずれにしても、心筋梗塞になった後に、生命保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

心筋梗塞になってから医療保険を選ぶ手順を知ろう!

心筋梗塞がある方は保険への加入は難しい 

一度でも心筋梗塞を発症してしまうと、入院や手術のリスクがどうしても健康な方に比べて高くなってしまいます。

生活習慣病の一つとされている心筋梗塞は、いったん発症すると完治は難しいというのが一般的な認識です。

生活週習慣の改善をはじめ、手術や投薬などにより症状を安定させることはできるものの、再発のリスクがゼロになるわけでは、ありません。

そのため、心筋梗塞になった場合は、医療保険への加入が非常に難しくなるのです。

医療保険の加入はあきらめる必要はない

心筋梗塞を発症すれば、一般の保険の加入は断られることがほとんどですが、治療を開始している場合、簡単な告知条件で加入できる保険もなかにはあります。

引受基準緩和型保険(ひきうけきじゅんかんわがたほけん)

心筋梗塞の発症歴があっても、加入できる場合が多いのが「引受基準緩和型保険」と呼ばれる保険です。

ほとんどの引受基準緩和型保険では、契約日から1年以内であれば、受け取れる保険金が50%であることが多いのが特徴的でしょう。一般的な医療保険と比べると保険料は割高です。

また同じ引受基準緩和型保険であっても、保険会社によって加入できるかどうかの条件が異なり、告知の項目は35項目のところが多いようです。

契約可能年齢も商品によってさまざまであり、1歳から加入できるもの、20歳から加入できるもの、85歳まで加入できるものなどがあります。一般的には保険期間や払込期間に関しては、「終身」のものが多いです。

引受基準緩和型の医療保険において終身保障にしてしまうと保険料があまりに高くなってしまうことが多いことから、アグネスでは保険期間1年の自動継続の医療保険を扱っています。

またアグネスでは、契約後1年以内であれば保険金が50%しか受け取れない商品がないことも大きな特徴です。

 

まとめ

いずれにしても、心筋梗塞になった後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。