てんかんって何?

てんかんとは

てんかんってなに?

てんかんは、脳が過剰に興奮することによって痙攣や意識消失などの発作を起こす病気です。

神経細胞が急に電気的な興奮が過剰に特定の部位に起こることで、脳の働きに異常が生じててんかん発作を引き起こす仕組みです。

乳幼児から高齢者までかかる病で、3歳以下の子どもがかかりやすいといわれていますが、18歳以下で突然発症されるケースも見られます。

また、60歳以上になると原因不明の突発性のてんかんではなく、脳梗塞や脳腫瘍などといった病気が起因となる症候性のてんかんを発症するケースもあります。

てんかんの原因は?

そもそも、てんかんは慢性の疾患で、大脳の神経細胞が過剰興奮することで発作が反復的に発生する病気です。

突然に意識障害や、運動神経や感覚異常が生じて、明らかな痙攣が起こればてんかんの可能性が高いのですが、症状は実にさまざまなものがあります。

運動神経が過剰に興奮すると、痙攣が起こりやすいのですが、音を聞く神経が過剰に興奮した場合には痙攣ではなく、酷い耳鳴りが出ることもあります。

原因もさまざまで、脳炎などに基づくてんかんは感染性てんかんと呼ばれ、脳梗塞や脳腫瘍に起因する発作は構造的てんかんと呼ばれます。

また、症状については脳の一部の神経から過剰な反応が起こる発作を部分発作、脳全体の神経が同時に過剰に活動を始めて発生する発作を全般発作と呼ばれます。

 

てんかんの症状はさまざま 

てんかんというと、突然痙攣を起こして倒れ、口から泡をふくといった症状がイメージされがちです。

ですが、てんかんは原因もさまざまであり、症状もさまざまです。

必ずしも、痙攣や意識消失を起こすとは限りません。

 

てんかんってどんな病気?

よく見られる症状

てんかんの症状はさまざまですが、代表的なよく見られる症状は以下の症状です。

ぴくつきやひきつけ、痙攣といった、てんかんをイメージさせる症状のほか、ぼーっとしてしまう、意識を失ったまま動き回る、視覚障害や感覚障害、腹部違和感、精神症状なども挙げられます。

どの症状がどのくらいのレベルで発生するかは、大脳の神経細胞において、どの範囲に過剰興奮が起きているかによって違いが出ます。

そこで、脳の一部の神経の過剰反応から生じる部分発作と、脳全体の神経の過剰反応によって生じる全般発作に分けて、より詳しく症状を見ていきましょう。

 

部分発作の症状

脳の神経の一部から興奮が起こり、どの神経かによって、さまざまな症状が発生します。

手や顔の一部がピクピクと動く運動発作、身体の一部がピリピリ感じる感覚発作、胃のむかつきや吐き気を感じる自律神経発作、ずっと前に見た情景が蘇るなどの症状を伴う精神発作などが挙げられます。

興奮の範囲が広がると、全身性痙攣に至るケースもあるため注意が必要です。

 

全般発作の症状

脳の大部分または全体がほぼ同時に興奮して発症する発作で、さまざまな症状が発生します。

パッと意識を失い、パッと回復する欠神発作、両手などにビクッと一瞬力が入るミオクロニー発作、口がへの字状態になり、身体にグーッと力が入る強直発作、ドッと倒れて身体全体をガクガクさせる強直間代発作、真下にストンと落ちる脱力発作などが挙げられます。

てんかんの治療の種類と主な治療方法

てんかんで行われる治療法

脳の慢性疾患であるてんかんは、非常に激しい電気的興奮が突然発生することにより、身体が痙攣したり硬直したりというさまざまな症状を起こす病気です。

これらの症状が「てんかん発作」と呼ばれるもので、繰り返し発作が起こるのが特徴と言えます。

てんかんの治療にはいくつか種類があり、薬物療法と外科手術による治療、さらに迷走神経刺激療法や食事療法、そしてACTH療法が挙げられます。

この中でもっとも主流となるのが薬物療法で、薬物療法による効果が得られない場合には他の治療法を選択するのが一般的です。

てんかんの薬物療法とは

大脳の過剰な電気的興奮が原因で起こるてんかん発作を抑えるためには、この興奮を抑える働きがある抗てんかん薬を服用するのが効果的です。

抗てんかん薬はてんかん発作を起こさないようにすることを目的としたお薬で、数多くの薬が治療で用いられています。

てんかんは人によって発作の症状が異なるため、症状に合ったお薬を処方することが重要です。

てんかんに用いられる薬の種類が多岐にわたっているのは、それぞれの症状に合わせた投薬を行う必要があるためと言っても過言ではありません。

抗てんかん薬はかなりの種類があるものの、どの薬がどのようなてんかん発作に効果を発揮するかが把握されているのも特徴です。

抗てんかん薬の処方は医師が発作のタイプを見極め、さらに年齢や性別、体重やその他の薬との飲み合わせなどを考慮して決めていきます。

 

薬物療法での注意点

てんかんの薬物療法は、てんかん発作を起こす可能性のある間、ずっと続ける必要があります。

そのため決められたとおりに薬を服用することが大切で、勝手に服用を中止してはいけません。

また薬にはどうしても副作用の問題があり、抗てんかん薬では眠気や身体のふらつき、発疹などが出ることが考えられます。

てんかんの薬物療法は1種類のみで効果が期待できなかった場合、2種類以上の薬を用いることもあるため、副作用が出た場合に薬の変更が行われることも少なくありません。

さらに長期間服用すると肝機能の低下や白血球の減少なども起こり得ますので、定期的な検査が必須となります。

 

その他のてんかん治療法

薬物療法で目立った効果が得られなかった場合、他の治療法として脳の外科的手術を行います。

手術が適しているのは抗てんかん薬でも発作が止まらなかったり、服用を開始してから3~4年が経過しても改善が見られない場合などです。

また迷走神経を刺激する迷走神経刺激療法や、難治性てんかんの際に選択されるケトン食療法などの食事療法もあります。

さらに症候性てんかんに対して効果が高い脳下垂体ホルモンのACTHを筋肉注射するACTH療法も、薬物療法以外で行われるてんかんの治療法となっています。

入院による治療やリハビリ

てんかん治療の基本は、抗てんかん薬による薬物治療と生活リズムを整えることです。

急な発作を起こしても、少し休ませれば回復するのが一般的です。

しかし学校や職場、外出先などで倒れれば、救急搬送され、そのまま大事をとって入院するケースは少なくありません。

また、発作の頻度が多かったり、重篤な症状を示したり、これまでとは違った症状が出た場合には検査入院をしたり、入院による薬物治療が行われることもしばしばあります。

入院後にリハビリ目的の入院をするケースもあります。

てんかんの治療にかかる費用

専門病院による入院治療

てんかんの入院治療やリハビリは、一般的な病院では対応できず、大学病院のてんかんセンターなど、専門病院で行うケースが少なくありません。

自宅近くではできず、遠方の病院まで行く患者さんとご家族も多いため、交通費や入院前検査や外来診療を受けるために、ホテルを予約して宿泊しながら、診療を受ける方もいます。

入院中は入院費用や入院で使うためのパジャマ等のレンタル費用、食費や差額ベッド代などが必要になり、日々20,000円~30,000円ほどかかるケースもあります。

また、お子さんの場合、家族が付き添いをするケースも少なくありません。

病院に併設された宿泊施設がある場合、12,000円~3,000円程度かかるほか、近隣のホテルに泊まるとなれば、15,000円以上の費用がかかります。

1回の入院で1ヶ月ほどかかるケースも多いため、治療費が負担になる方も多くなります。

この点お子さんの場合、自治体などで未就学児や小学生までの医療費の助成制度があるほか、てんかん治療では条件を満たせば、自立支援医療(精神通院医療)・重度心身障害者(児)医療費助成制度 ・ 小児慢性特定疾患治療研究事業 などの制度、高額療養費の上限設定などの利用が可能です。

お住まいの自治体病院などのソーシャルワーカーに相談しましょう。

てんかん治療にかかる費用

てんかん治療で必要な治療費の代表的なものは、外来診療費用、検査費用、抗てんかん薬の処方料、入院が必要になった場合の入院費用や諸雑費、家族の付き添い費用、そして、外科治療を行う際の手術費用などです。

治療費について細かく見ていきましょう。

 

検査費用がかかる

てんかん治療のメインは投薬治療です。

てんかんの診断や適切な薬を選ぶための診療の際、さらに発作を起こした直後など、脳波検査や神経画像などの多くの検査が必要になります。

3人に2人は外来診療のみで診断ができるといわれていますが、1/3の割合で入院精査が必要です。

小児なら1泊程度で済む場合もありますが、成人の場合には45泊の検査入院が必要になる場合もあります。

検査が必要になり、しかも高度な検査が必要となるため、時間も費用もかさみます。

検査費用や検査入院費用は健康保険の対象とはいえ、自己負担額の蓄積が重く感じる方は少なくありません。

入院に備えて

てんかん治療の基本は薬物療法であり、外来通院を通じて行われます。

外来通院や薬の処方代は医療保険や生命保険に付保した医療特約の保障対象とはならないため、給付金は支給されません。

備えておきたいのは、急な発作での緊急入院時や、長期の入院療法時の保障です。

 

緊急入院への備え

てんかんの発作はしばらく安静にしていれば納まることも多いです。

もっとも、いつ起こるか分からず、学校や職場、駅など外出先で倒れると、救急搬送されることが少なくありません。

大事を取って入院をしたり、精密検査を行うため検査と療養のために入院が必要になったりします。

比較的短期間では済みますが、頻繁に起こりやすい緊急入院への備えは必須です。

入院する病院や部屋のグレードなどにもよりますが、115,000×7日くらいの費用は用意が必要です。

 入院療法への備え

症状が重いケースや、なかなか改善できず日常生活などに支障をきたす場合、入院療法が行われることがあります。

専門病院での入院が必要なため、遠方にある病院まで新幹線や飛行機で行くケースも少なくありません。

つまり、てんかんの入院治療には多額の交通費や、家族の宿泊代などもかかります。

入院費用は内容にもよりますが、個室などに入れば、差額ベッド代として1日あたり5,000円~1万円程度必要です。

子どもの入院の場合は、家族が付きそうことも多く、家族の宿泊料が12,000円~6,000円程度かかります。

少なめに見積もっても120,000円、1ヶ月入院するとすれば、60万円の出費です。

 社会保障制度との兼ね合いで考える

てんかんの入院に備え、1日あたり20,000円~30,000円の費用がかかるから、その金額を医療保険や生命保険の保障額で備えようとすれば、保険料が高額に上り、毎月の負担が重くなります。

全額を保険で賄うと考えるのではなく、利用できる社会保障制度を踏まえて、保障額を設定しましょう。

たとえば、お子さんの場合、自治体により、未就学児または小学生や中学生まで、医療費が無料になったり、負担が抑えられる助成制度が設けられています。

また、難治性のてんかんの場合、小児慢性特定疾病の医療費助成が受けられるケースもあります。

年齢を問わず、1月にかかった医療費の自己負担額に上限を設ける高額療養費制度の利用も可能です。

勤務先で家族の医療費を補助しているケースも少なくありません。

こうした諸制度の内容も踏まえ、毎月の負担が重くならない範囲で、必要保障額を設定しましょう。

目安としては日額10,000円ほど確保してあれば、安心です。

 

てんかんになっても生命保険に入れるのか

てんかんがあったら生命保険は加入できない?

てんかんを患っている場合、保険に加入できないのではないかと不安に思っている方も多いことでしょう。

確かに、てんかんはがんなどと同じく告知義務のある病であり、保険に加入する際には精査される病です。

症状や治療状況などによって、また薬の服用状況などによっては加入できないケースもあります。

てんかん症状のない方に比べると、条件が厳しい点は否めません。

だからといって、てんかんを患っている方でも安心して加入できる保険も用意されています。

 

てんかんの方も安心して加入できる保険とは

近年では、保険会社でもてんかんなどの持病をお持ちの方が安心して暮らせるようにと、条件付きの保険が提供されています。

それが「引受基準緩和型保険」と、「無選択型保険」です。

まず引受基準緩和型保険とは、てんかんなどの持病で保険加入できなかった方が保険会社が定める告知項目に該当しない場合であれば、どなたでも加入できるという保険になっています。

保険料が高くなりますし、初めの1年間は保障額が半分になったりしますが、告知項目が少ない上に医師の診断が不要なので、ハードルは低いです。

一方、無選択型保険とは、健康状態に関する告知や医師からの診断などなしで、どなたでも加入できるという保険になります。一般の保険だけでなく、引受基準緩和型保険でさえも加入が難しかったという方が対象です。

もし生命保険に入っている状態でてんかんと診断されたら保険はどうなる?

生命保険に加入した後にてんかんが発覚した場合は、何の影響も受けることはありません。

そのため、てんかんによる保障を受けられるので安心です。 

てんかんになってから生命保険に入るための手順

てんかんの方が生命保険を選ぶには

生命保険は亡くなった際に死亡保険金を支払う保障であり、死亡リスクが高い方は基本的に入れません。

生命保険は死亡保険金に対して、わずかな保険料でも保障を得られる仕組みです。

それは保険の契約者が少しずつ保険料を支払って、他の契約者の保障をカバーする

相互扶助の仕組みで成り立っていることからです。

そのため、死亡リスクの低い方とのバランスがとれないため、原則として既に病気に罹患している死亡リスクの高い方は入れません。

ただし、保険会社の診査を受けることで、健康な方より高い保険料を支払ったり、支払に一定の条件を設けることで入れる引受基準緩和型の保険も登場しているため、てんかんの症状がある方も状態によっては入れる場合があります。

まずは、病歴がある方でも入れる保険があるかリサーチしましょう。

加入条件を確認しよう

病歴や持病を持っている方でも加入できる保険を見つけたら、自分の現在の状態で加入ができそうか条件を確認してください。

現在も通院中や投薬中など治療中でも加入できるのかを確認します。

現在は投薬だけでも、過去〇ヶ月以内に入院したり、手術を受けたりした場合、加入できない場合もあるので気を付けましょう。

病歴について質問表に答える告知のみで済む場合でも、嘘をついてしまうとそれが発覚した場合、保険金が支払われません。

直近で入院歴があるのに入院歴なしと告知すれば、加入が認められて保険料を払っても、保険金が払われないリスクがあるため、誠実に対応する必要があります。

 診査方法を確認しよう

加入条件を満たしそうな保険を見つけた場合、次に診査方法を確認しましょう。

質問表に答える告知のみでいいのか、過去1年内など直近で受けた健康診断書や人間ドックの結果表などの提出が必要か、医師の診断書の提出や、保険会社の診査センターなどで健康診断を受ける必要があるかなどを確認します。

この点、告知の方法は簡単ではありますが、健康診断の結果が明確になることで、身体の状態が分かり、入りやすくなるケースや、支払い条件が緩和されることもあるので、簡単な方法が一概にいいとは限りません。

 

保険料を検討しよう

引受基準緩和型の場合、健康な方と同じ保障額を得るために、同じ年齢、性別の人より保険料が高くなります。

事前に提示されている場合もありますが、診査を受けて初めて保険料が案内される場合もあります。

得られる保障額や支払い条件に保険料が見合うかをよく検討し、契約を承諾するか決めましょう。

 

いずれにしても、てんかんになった後に、生命保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

 

 

てんかんになっても医療保険には入れるの?

てんかんになってから医療保険に入る事は可能?

てんかんの症状があると通常の医療保険には簡単に入る事ができません。

特にてんかんの治療中の方であれば加入はかなり厳しいものとなります。

いくら医療保険に入りたいといってもてんかんであることを秘密にして告知しないというのは後に保険会社に知られたときに大きなペナルティとなって返ってきます。

てんかんであることを告知していないと告知義務違反しているとみなされるため、万が一の際も保険金が給付されないですし、契約を打ち切られてしまうのです。

しかもそれまでに支払ってきた保険料が返ってくることはもちろんありません。

つまり、持病があることを告知していないということは知られたときに大きな損失を負うことになるのです。病気は隠し通せるものではありません。正しく告知するように心がけましょう。

 

てんかん治療中であれば決して医療保険には加入できないのか

実は、てんかん治療中の方でも医療保険に入る事はできます。

それは、通常の保険ではなく引受基準緩和型の医療保険に加入する必要があります。

引受基準緩和型保険は、名前の通り保険の契約を引受ける基準が緩やかになっている医療保険ですので通常の保険に比べて健康状態を告知する項目が少なくなっているのが特徴です。

たとえば、過去3ヶ月以内に手術や入院、検査を医師にすすめられたことがあるかどうか、過去5年以内にがんで手術や入院したことがあるか、過去1~2年間で病気やケガで手術、入院したことがあるかなどといった各保険会社によって告知項目が3項目から5項目ほどに限定されているのでこれらの条件さえクリアしてしまえば、どなたでも加入することが可能です。

ただし、引受基準緩和型の医療保険は通常の医療保険よりも高い保険料を支払う必要があります。

また保険会社によっては保障額が半額になってしまうなどの制限がいくつかあるので了承の上で加入する必要があります。

てんかんをお持ちの方でも数年ずっと症状が出ない状態で通院もせず、服薬もしていない場合は、通常の医療保険に加入できる可能性もありますのでその場合はまず通常の医療保険を検討した上で、断られてから引受基準緩和型の医療保険を検討されると良いでしょう。

てんかんを発症した後に医療保険を選ぶ手順

てんかんを発症してから医療保険に加入するために

てんかんを発症しても、一定の基準を満たしたり、健康診査を受けることで通常の保険に入れるケース、通常の保険に入れるものの一定の場合には支払いが制限されるケース、通常の保険には入れず、引き受け基準緩和型なら入れるケースなどがあります。

保険会社や保険商品のラインナップによっても異なるため、無駄に保険料を支払うことなく、いざというとき安心の保障が得られる医療保険を選ぶことが大切です。

 

加入できる条件を確認しよう

大手からネット保険、生保、損保系、外資系に至るまで気になる保険商品を集めましょう。

そのうえで、加入条件を確認します。

アグネスでは、てんかんが発症しても入れる医療保険を紹介してます。

該当する保険商品がなかった場合、各保険会社か弊社にお問い合わせください

 

支払条件を確認しよう

入れることが分かっても、保障を受けたいケースで給付金が出ないのでは意味がありません。

どのようなときに支払われて、どのようなときは支払われないのか、支払条件の制限に至るまで、よく確認しましょう。

本来、既に発症している病気については保障の対象外となるのが基本です。

ただし、引き受け基準緩和型保険などでは、一定の条件を満たすことで、てんかんによる入院や手術も対象となることがあります。

その基準も一律ではなく、各社各様です。

加入後一定期間の入院は対象外などの場合もあるので、細かく確認してください。

 

保険料を確認しよう

一般の健康な方と同じ年齢と性別による保険料で入れるのか、引受基準緩和型として保険料が高くなるのかを確認します。

また、通常の保険に入れる場合でも、診査の結果、保険料が上乗せされるケースがあります。この場合、条件をのむかどうかはその時点で判断が可能です。通常より保険料が高くなる場合、高くなっても、てんかん入院の保障をはじめ、病気による保障が十分に得られるかをよく確認することが大切です。

 

診査方法を確認しよう

どのような方法で健康状態や病歴について知らせれば入れるのか、診査方法を確認しましょう。

もっとも簡単な方法は告知による診査です。質問項目に答えるだけで済む方法です。

そのほか、健康診断の結果を提出する方法や、保険会社の診査センターやクリニックなどで保険会社の求めに応じて健康診断を受ける方法、診査を行うスタッフと面談して質疑応答を受ける方法などがあります。告知による方法は簡単ですが、健康診断を受けたほうが、詳しい症状を理解してもらえ、有利な条件で契約できるケースもあります。

まとめ

いずれにしても、てんかんになった後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる生命保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険や無選択型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。