がんとは

胃がんの症状

胃がんについて症状や注意点を簡潔に解説

この記事では、胃がんの症状についてご紹介します。

胃がんはなかなか症状が現れないガンとしても有名で、症状に気づいた時にはかなりがんが進行していることも珍しくありません。

十分に注意する必要がある病気です。

胃がんの初期症状

胃がんの初期症状は、多くの場合が無症状なことが多いようです。

なかなかはっきりと分かるような症状が現れにくいので、がんの発見が遅れてしまうケースが多くなっています。場合によっては、かなりステージが進行した後にようやく軽い症状が出てくるようなこともあるので、初期症状でがんを発見するというのは非常に難しいといえるでしょう。

ただし、人によっては初期から症状が出てくることもあり、消化不良によって胃に不快感などを覚えるなどが挙げられます。さらに他にも、胃痛が発生し、食後に胃が膨張したような感覚に陥ることもあるようです。胸やけを感じる人もいます。

このように胃がんの初期症状は、普通に生活していても、体調によっては普段から起こり得るような症状が多いのです。

単なる食べ過ぎと勘違いしてしまうこともありますし、胃炎や胃潰瘍と勘違いすることもあるでしょう。

素人が安易に判断してしまうと非常に危険な病気ですから、十分に注意する必要があります。

胃がんが進行した場合の症状

胃がんは、なかなか初期症状が現れにくい病気になっていますので、発見が遅れることもあります。

進行した胃がんの症状が出た時点では、かなり状況が悪くなっていることもあります。

胃がんが進行してくると消化管が狭くなる傾向にあり、これによって食べ物を食べるとつっかえる感じを覚え、嘔吐してしまうようになるのです。

また、全身に倦怠感を覚えることもあり、年中だるさに悩まされているのならば注意する必要があるでしょう。

他にも、食べ物を食べられなくなるので体重の減少が顕著になってくることも特徴です。

さらに症状が重くなってくると、吐血したり、タールのような便をしたりするようになるのです。

出血している場合は貧血になったりもします。

このような症状が出てくると、かなり進行した胃がんになってくるので、すぐさま病院にて診察してもらう必要があるでしょう。

 

定期健診が重要

胃がんの発見は特に定期健診が重要だといえます。

初期症状で見つけることが難しいがんですから、無症状の状態で定期健診をして、がんが見つかるということも珍しくはないのです。

積極的に定期健診は受診するようにしてください。

がんは不治の病ではない

がんの告知が死の宣告のように重く受け止められていた時代がありましたが、近年では医療技術が大変進歩し、がんの治癒率は大幅にアップしています。

従来ある手術や化学療法の他にも、重粒子線治療や陽子線治療などの先進医療や遺伝子治療など、新しい治療法も次々に生まれ、患者さんにとっては大きな希望となっています。

 

がんの4大治療法と組み合わせによる適切な治療

がんの4大治療法とは

がんの治療法には主に手術療法・放射線療法・化学療法・免疫療法の4つがあります。

がんの治療は一つだけではなく、2つ以上の治療を組み合わせることが有効なケースが少なくありません。

 

手術療法について

外科手術でがんの病巣を切除する治療法です。

メスを入れた際に周辺組織やリンパ節に転移が見られると、同時に切除されるのが基本です。

手術はキズ口や全身の体力回復に時間がかかることから、近年では切除する範囲を最小限にとどめる縮小手術や、腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術といった、身体への負担を抑えられる低侵襲手術も登場しています。

 

放射線療法について

がんの患部に放射線を照射してがん細胞を殺傷し、がん細胞の増殖を抑える治療法です。

放射線は細胞分裂が活発な細胞ほど、効率的に殺傷できる特徴があります。

がん細胞は正常な細胞より活動が活発なため、放射線で効果的にがん細胞にダメージを与えることが可能です。

一方でデメリットとして、正常な細胞にも放射線が当たってしまい、正常な細胞も少なからずダメージが加わります。これによって吐き気などの副作用が出てしまいます。

正常な細胞に極力影響を与えないよう、一定の線量を小分けにして何回も照射するなど時間のかかる治療が行われます。

 

化学療法について

化学療法は抗がん剤などの化学物質を投与することで、がん細胞の分裂を抑えたり、がん細胞を破壊したりする治療法です。

がんは次第に転移し全身に広がっていく恐ろしい病気です。

そこで、抗がん剤を内服したり、注射したりすることで血液中に入れ、全身に行きわたらせます。

これによって転移するなどして、検査ではまだ明らかになっていないがん細胞まで攻撃できます。

化学療法は全身的ながんの治療に効果を発揮しますが、髪の毛が抜けるといった副作用が辛いのも事実です。

 

免疫療法について

免疫療法は人間が本来持つ身体の免疫を高めることで、がん細胞を排除しようという治療法です。

化学療法と同じく、全身に効果がおよぶ全身療法の一つになります。

オプジーボと呼ばれる免疫チェックポイント阻害剤を用いる方法が代表的です。

従来行われてきた手術療法、放射線療法、化学療法のがんの三大治療法に次ぐ、新たな第四の治療法として注目されています。

 

緩和ケア

がんの末期や手術や化学的な療法を望まない方で、緩和ケアを選ばれる方も増えています。

緩和ケア病棟や在宅で、痛みを感じさせなくするモルヒネなどの薬を適宜投与して、がん特有の痛みを抑えながら、最後の時間をできる限り自然な状態で過ごすという治療法です。

 

がんの治療にかかる費用

がんの治療費の内訳

がんの新しい治療法が開発されることはとても素晴らしいことです。

しかし、費用は高額になりがちで、治療を受けたくても受けることができない可能性もあります。

実際、がんの治療にはどのくらいの費用がかかるのか気になるところですが、がん治療にかかる費用の大まかな内訳は、「検査費用」「診察費用」「手術費用」「薬代」「抗がん剤治療の薬代」「入院費用」などになります。

 

保険が適用される場合

がんの治療には、保険が適用される場合と適用されない場合があります。

健康保険が適用される場合であれば、仮にトータルで50万円かかったとします。

40万円が医療費で残り10万円が入院中の食事代や差額ベッド代とすると、3割負担の患者さんであれば、12万円+10万円の22万円が自己負担となり、28万円は健康保険がカバーしてくれます。

 

がん治療費の相場

保険を使ってがんを治療した場合の相場は、60万円から70万円前後です。

自己負担は3割負担であれば、20万円前後ということになります。

そして、高額療養費制度を利用することで、実際には20万円以下に収まる場合がほとんどです。

一方で、がんの治療では安静にする必要があることや2週間以上にわたることも少なくないため、個室代や差額ベッド代が発生することが多いです。そのため、実際の治療費は20万円以内に収まっても入院にかかる費用総額でいうと30万円から40万円程度となることが多くなります。

 

がんの先進医療の相場

先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度な最新の医療技術のことを言いますが、安全性や効果が確認されるまでは健康保険が適用されず、全額自己負担となってしまいます。

そのため、たとえば陽子線治療の相場は260万円前後、重粒子線治療は300万円前後にもなってしまうのです。

また先進医療を受けられる医療機関も限られており、発症箇所や進行度などによっても、受けられないことがあります。

 

がん治療の費用はがんの種類やステージや治療法によって異なる

がん治療に必要な費用を医療保険や医療特約、がん保険などでカバーしたい場合、保障額はどのくらい確保すればいいでしょうか。

がんの治療に必要な費用は、がんの種類やステージ、選択する治療法によっても異なります。

もっとも、どの部位でがんが発生し、どんなステージレベルになるのか、どんな治療が適切で、実際に自分がどのような選択をするかは分かりません。

また、がんは転移、再発するリスクも高い病気であるため、転移や再発のリスクも踏まえて、長期で使える保障額を設定することが大切です。

 

がん治療の平均費用

がんの種類やステージにもよってかかる費用額は異なりますが、平均すると1ヶ月の入院で90万円ほどです。

健康保険の適用で3割負担となり、高度医療費制度の適用を受けられれば、自己負担額は10万円程度ですみます。

もっとも、実際の治療は手術や入院だけでなく、その後も通院による化学療法などが続いていくので注意しなくてはなりません。

さらに健康保険の適用が受けられない先進医療を選択した場合、陽子線治療で1件あたり270万円程度、重粒子線治療で300万円はかかります。

300万円の資金が用意できなければ、治療を断念せざるを得ません。

そこで、安心できる保障額として、診断給付金として300万円を用意しておくと、治療の種類などを問わず、安心して治療に専念しやすいです。

 

がん保険のメリット

もしものときのために貯えを

がんの治療費は、健康保険を使ったとしてもかなりの高額になります。

日本人の2人のうち1人ががんになると言われているので、元気なときからある程度の貯えが必要です。

あるいはがん保険に加入しておくと安心でしょう。

 

保障の用意の仕方

診断給付金はがん保険などであると一律100万円というケースもあります。

これに対して、三大疾病保険や特約の場合、300万円、500万円、1000万円など自由な設定が可能です。

先進医療を受けない場合も、がんで入院や療養している間に働けなくなり、収入が減ることが予想されます。

家賃やご家族の生活費などを考えれば、診断給付金が手厚いと安心できます。

ただし、保険金を高く設定すれば保険料もアップし、健康状態によっては入れないケースもあるので注意しましょう。

 

入院給付金でカバー

診断給付金が100万円であったとしても、入院給付金を用意しておけばカバーができます。

差額ベッド代などを考えれば、日額10,000円はつけられると安心です。

なお、医療保険によっては日額5,000円でも、がんの場合は2倍保障といったタイプもありますので確認してください。

また、入院日額は手術時の給付金にも影響する事も念頭に置いておきましょう。 

 

がんになってから生命保険に入れるか

がんになったときの保険について

本来であれば、がんになる前に事前に生命保険に入っておくものでしょう。

しかし、実際には多くの人が病気になってから生命保険への加入を考えるようです。

がんを告知されてから、慌てて生命保険を考える人もいるでしょう。

ところで気になるのは、がんになってから生命保険に入れるものなのか、ということです。

今回は、がんになった後の生命保険についての詳細を確認していきますので、今後のために参考にしてみてください。

 

がんになった後に生命保険に入れるか

まず、がんになってしまうと、保険に入る際の条件が厳しくなってしまいます。

がんになってからだと、保険加入を断られる会社もあるでしょう。

しかし最近はがんになってからでも加入できる保険が増えてきています。保険料が高かったり条件が厳しかったりというハードルがありますが、入れないことはありません。

つまり、がんになっても保険をあきらめる必要はないといえるのです。

条件の部分では、がんの後に一定期間経過した後に入れる、という規約を設けているものもあります。

また、一定期間経過しても、投薬治療などを受けている場合は、一定期間と見なされない場合もあるのでご注意ください。

投薬だけではなく、検査なども含まれる可能性があるので、一度がんになってしまうと、そこから保険に入ろうとするのは、かなり条件が厳しくなることが分かるのではないでしょうか。

また、がんになってから入れる保険は増えてきてはいるものの、その数はまだまだ少ないのが現状です。

 

健康状態も厳しく審査される

がん治療の最後の日から数年経過しているというのが、がんになった後の保険の条件になることが多いのですが、その際には健康状態も厳しくチェックされます。

がんの症状がなくなっても、その他に健康的な不安があるのならば、保険に入れない可能性もあります。

 

基本はがんになる前に加入

がんになった後に生命保険に入るのは、かなり難しいことがお分かりいただけたかと思います。

中にはがんになってから入れる保険もありますが、保険料が高くなったり、条件や審査が厳しくなったりする可能性もあります。

基本的には生命保険というのは、転ばぬ先の杖として利用するものなので、がんになる前に加入を検討するのがベストでしょう。

自分が病気になるというのはなかなか実感できませんが、がんは人知れず進行していく病でもありますので、ほとんどの人ががんになる危険性を秘めているといえるのです。

 

 

がんになってから生命保険を選ぶ手順

生命保険の加入

がんは転移や再発のリスクが高い病気のため、過去に一度でもがんの診断を受けたことがある場合は、保険の加入がしにくいです。

通常の生命保険への加入は断られるのが一般的でしょう。

 

引受基準緩和型保険

しかし、がんの経験者でも加入できる保険があり、最後にがんの治療を受けた日から一定の期間がたっていれば、加入できる保険があります。

「引受基準緩和型保険」と呼ばれる保険で、多くのケースで5年間がんの治療や投薬、検査を受けていないということが条件となっています。

一般の生命保険の加入を断られた場合は、こちらを検討しましょう。

 

転移や再発の不安に備えて

がんの経験者にとって、「引受基準緩和型保険」は強い味方となるかもしれません。

ただし、引受基準緩和型保険とはいえ、ほとんどの保険は5年間がんの治療や投薬、検査を受けていないということが加入条件となっています。

がんになってから5年以上経過していない人、治療中の人については別の保険を検討する必要があります。

 

がんの人しか入れない保険を検討

なかには、がんになっている人しか加入することのできない保険もあります。

がんの治療中の人も過去にがんになった人も加入できる保険で、がんの経験のない人は申し込めない、つまり、がん患者に特化した保険です。それが富士少額短期保険の「がんになっても入れる保険」です。

がんになってから5年以上経過していない人、治療中の人はこちらをご検討されることをお勧めします。

 

 

無告知型保険も検討

がんになっても入れる保険に加入できない場合でも無告知型保険であれば加入できる可能性があります。

それがあんしん少額短期保険の「無告知型葬儀保険」です。こちらは保険料の支払い方法が年払のみで月払ができないことと、保険金額が100万円までの制限がありますが、手軽に加入することが可能です。

 

 

いずれにしても、がんになった後に、生命保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

 

これは、同じ保険会社に比較できる医療保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険を取扱している可能性は極めて低いです。そのため、根本的な保障の見直しになりません。

 

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

 

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。

がんと診断されてから医療保険を選ぶ手順

加入条件の確認

近年、がんと診断されてからでも加入しやすい引受基準緩和型の医療保険を販売する保険会社が増えてきました。とはいえ、どんな状態でも加入できるわけではありません。

たとえば、末期がんは加入できない、〇ヶ月内にがんによる手術や入院をしていると入れないなどの条件が付されていることがあります。

一方、通常の医療保険であっても、手術や治療を完了してから5年以内に再発していなければ加入できる場合もあります。

 

支払い条件の確認

加入ができたとしても、希望する支払いが受けられるかは条件によるので、しっかり確認することが必要です。

たとえば、加入後〇ヶ月内の入院は支払い対象外といった期間制限がある場合もあります。

また、診断されたがんでは支払いが受けられず、転移したなど他の部位のがんになった時のみ入院や手術給付金が支払われるケースもあります。

限度額や支払回数の上限などが設けられている場合もありますので、ニーズに合っているかよく確認しましょう。

 

保険料の確認

健康な方と比べて保険料が高くなるのか、どのくらい高いのかも確認が必要です。

保障内容と保険料が見合っているかを確認し、貯蓄で備えるより、保険料を払って保障を得た方が有利かを検討しましょう。

 

診査方法の確認

保険会社が用意する質問表に「はい」、「いいえ」で回答を記入するだけの告知で入れるのか、それとも、職場や地域などで受ける健康診断の結果表や人間ドックの結果表が必要なのか、医師の診断書などが必要かを確認しましょう。

保険会社によっては自社の診査医による訪問診査や、診査センターでの健康診断などが求められる場合もあります。

この点、告知のみのほうが楽に入れると考えられがちですが、一つでも「いいえ」があると入れないなど逆にハードルが高くなるケースも少なくありません。

自分の思い込みと事実に相違があり、支払いの際にもめるケースも考えられます。

これに対して、より詳細な健康情報を伝えられれば、支払い条件が緩和されたり、よりスムーズな支払いが受けられる場合もあります。

 

 

がんになっても新たに医療保険に加入することはできる?

がんになったらもう医療保険は入れない?

がんと診断されてしまうと、医療保険に入ろうと思っても断られてしまうだろう、と思われる方は多いことでしょう。

たしかにがんとなると、手術や入院のリスクが健康な方よりも高くなるため、医療保険に加入するのは大変難しいです。

またがんというのは、どうしても他の病気に比べて、転移したり再発するリスクの高い病気であるため加入しづらい病です。

いざと言うときのために備えるのが医療保険ですから、すでに患ってしまった場合には致し方ありません。

 

過去にがんになった経験のある人は加入できる可能性も高い

しかし、一部の保険会社では過去にがんになった方を対象にして、がん治療が終了してから一定の期間が過ぎている方であれば加入できる医療保険も提供されはじめています。

完了してから五年間治療、投薬、検査を受けていないというなど、一定の条件はありますが、がん治療を完了して一定期間が経過している方にとっては、万が一に備えられるので安心です。

このような保険を、引受基準緩和型保険といいます。

 

 

 

引受基準緩和型保険とは

引受基準緩和型の医療保険に入る際は、ある一定の条件が必要です。

たとえば過去3ヶ月以内に医師からの診査で入院や手術をすすめられたり、がん検査をすすめられたことがないかどうか、過去1年以内に手術や入院歴があるか、過去5年以内にがんや肝硬変、認知症、統合失調症の病で入院や手術を受けたことがあるか、などといった内容が各保険会社から確認されます。

これらの項目を正しく告知し条件をクリアできれば、加入することが可能です。

告知内容は一般の医療保険に比べたら緩やかなために、がんを経験された方も安心して加入できますが、ただし保険料が、一般のものに比べて高いのが特徴です。

そのデメリットを差し引いても、万が一の治療に備えるために医療保険やがん保険に加入されていない場合は、加入を検討しておくといいでしょう。

まとめ

いずれにしても、がんになった後に、医療保険の加入の検討、見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社で見直しをするということです。

これは、同じ保険会社に比較できる医療保険の種類は少なく、かつ、複数の種類の引受基準緩和型保険を取扱している可能性は極めて低いです。

そのため、根本的な保障の見直しになりません。

保険は保険会社ごとに保障内容が異なり、保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して加入検討や見直しが必要です。

アグネスでは、簡単な質問に答えるだけで、ご自身の加入できる複数の保険を気軽に探し、比較することができます。

あなたにぴったり合った保険を選ぶことができるので、まずは気軽に診断してみましょう。